gunpla120

HGUCプラモデル ザクIIに関心のある方は
こちらのガンプラも見ています
HGUC1/144 Rx-78-2ガンダムFG 1/144シャア専用ザク
ガンプラ(ガンダム プラモデル)製作の行程・手順を徹底的に細かく掲載しています



ガンプラ製作徹底解説 HGUC 1/144 量産型ザクII(MS-06) の作り方

今回つくるのは、機動戦士ガンダムシリーズの至る所で登場する名機の中の名機、MS-06ザクII量産型 の、HGUC 1/144プラモデルです。

シャア専用を前回FG(ファーストグレード)プラモデルのほうで製作・掲載したので、HGUCは量産型のザクでいこうと思い製作しました。



スポンサードリンク

HGUC 量産型ザクII (1/144スケールプラモデル)
■ザクII [MS-06]の解説(引用しています)
機動戦士ガンダム他に登場する、独立戦争開戦時のジオン公国軍主力MS。
あらゆるモビルスーツのルーツ的なMSであり、無数の派生・発展がなされていった、基礎的なモビルスーツ。
◆DATA
機体番号:MS-06
全長  :17.5m
重量  :56.2t
ジェネレータ出力:976kw
装甲質 :超硬スチール合金
武装
ザク・マシンガン
ザク・バズーカ
ヒートホーク
クラッカー(威嚇・牽制用)
3連装ミサイルポッド



HGUC 1/144プラモデル MS-06 ザクII量産型
HGUCザクの製作

パーツ数は昨今のHGUCにくらべてあまり多くはないようです。
付属武器が豊富です。バズーカ、脚部ミサイルランチャーもあります。


HGUCザクの製作
背中のランドセルに推進用バーニアがついてないのが残念。

HGUCザクの製作
胴体は、上半身と下半身が一体化。腰での回転稼働等はありません。

HGUCザクの製作
前の腰アーマーは左右独立稼働ではなく、そうさせるためには切断分離する必要があります。しかしちょっとした手間がかかりそうです。今回は見送りました。


この「HGUC 1/144スケール プラモデル 量産型ザクII 作り方ページは、なるべく取扱説明書の順に
解説してありますが、効率化とかを考えて順序を変えてあるときもあります。

また、ガンプラの作り方は10人いれば10通りあるように、
この作り方がすべてではありません。

人によっては、この解説の中にも飛ばしていい項目もあれば、
足らない項目もあるはずです。

すべてを鵜呑みにせず、自分に合ったガンプラづくりを目指してください。




関連ガンプラ/その他の模型
HGUC1/144 Rx-78-2ガンダムHGUC RX-78-2 ガンダム
HGUC RX-77-2 ガンキャノン
HGUC RX-75 ガンタンク
HGUC1/144 RGM-79ジムHGUC RGM-79 ジム
HGUC RB-79ボール
HGUC MS-07B グフ
HGUC MS-09ドム/09Rリックドム
HGUC1/144シャア専用ズゴックHGUC MSM-07s ズゴック(シャア専用)
HGUC1/144ゴッグHGUC MSM-03 ゴッグ
HGUC1/144ゾックHGUC MSM-10 ゾック
HGUC1/144アッガイHGUC MSM-04 アッガイ
HGUC1/144ギャンHGUC YMS-15 ギャン
HGUC MSN-02 ジオング



スポンサードリンク


HGUC 量産型ザクII 詳しい作り方

PHASE 0 パッケージ内容の確認、ランナーおよびパーツ洗浄

スマホでご覧の方へ
右に解説文ありますのであわせてご覧ください。

HGUCザク(プラモデル,ガンダム)製作
まずはパーツ数に欠損はないかよく確認。
HGUCザク(プラモデル,ガンダム)製作
その後パーツ洗浄を施します。

めんどくさがらずに、やってみてください。すすいだ瞬間キュキュッと、ものすごいパーツがシャキッとしますよ。組み立ても気持ちいい。
HGUCザク(プラモデル,ガンダム)製作
パーツ同士がこすれてキズがつかないよう、間には紙や開封したビニル袋を敷いて保護し保管します。
当初はその都度袋に戻していましたがだんだんめんどくさなってきました。
パーツ一覧
HGUCザク(プラモデル,ガンダム)製作
Aパーツ。胴体など。

HGUCザク(プラモデル,ガンダム)製作
Bパーツ。主に本体部分。
HGUCザク(プラモデル,ガンダム)製作
Cパーツ。主に武器。

HGUCザク(プラモデル,ガンダム)製作
関節可動用のポリキャップ
PHASE 1 胴体の組み立て
HGUCザク(プラモデル,ガンダム)製作
まず最初は、肩関節可動用のパーツから。
いきなり地味な作業になってしまいます。

このパーツは、肩と腕の可動部を大きく範囲を広げるためのもので、これによりマシンガンの両手構え持ちが可能となるようです。

写真に示してい箇所、ランナーから切り離した跡と、パーティングラインという、プラモデルやその他 模型の生産時に生まれた不要な線があります。ここはペーパーがけで消しておきます。
HGUCザク(プラモデル,ガンダム)製作
関節部はパーツ自体がグレー系の色をしてるので、塗装は不要といわれれば不要なのですが、ブラック60%、ホワイト40%で塗ってます。
HGUCザク(プラモデル,ガンダム)製作

HGUCザク(プラモデル,ガンダム)製作

そのパーツに、ポリキャップをさしこみ。
左右2こつくります。
HGUCザク(プラモデル,ガンダム)製作
胴体パーツをランナーからはずして、用意しておきます。
胴体には、いくつものポリキャップや関節パーツが差し込まれますので、”忘れもの”しないように気をつけなければなりません。
HGUCザク(プラモデル,ガンダム)製作

HGUCザク(プラモデル,ガンダム)製作

さきほどつくった関節パーツを、左右の肩のとこへさしこみます。
HGUCザク(プラモデル,ガンダム)製作

HGUCザク(プラモデル,ガンダム)製作

次に、腰の装甲を差し込むためのポリキャップを、この穴に2か所。
HGUCザク(プラモデル,ガンダム)製作
首関節のポリキャップをこの位置に。
前後向きがきめられています。四角い穴があいている側が後ろです。
HGUCザク(プラモデル,ガンダム)製作

HGUCザク(プラモデル,ガンダム)製作
合わせ目消しの際のペーパーがけには、関節部を傷つけないよう、マスキングをしてます。

すべてのパーツを差し込み終えたら、胴体を貼り合わせます。

合わせ目消しがあります。

参考→不必要なくぼみや線を消そう
HGUCザク(プラモデル,ガンダム)製作
全体を塗装します。

ザク胴体色は、グリーン80%、ホワイト10%、ブラック10%、RLMグレー少量、と説明書にあります。
HGUCザク(プラモデル,ガンダム)製作
つづいて、胴体コクピット部。
塗装不要かとおもいましたが、一応塗ってみました。

色は、ブラック90%、ホワイト10%というシンプルな黒と白のまぜあわせ。
HGUCザク(プラモデル,ガンダム)製作

HGUCザク(プラモデル,ガンダム)製作

胴体へ接着。
接着剤は、塗らなくても大丈夫ですが、念のため胴体側の突起部の3か所につけました。
HGUCザク(プラモデル,ガンダム)製作
ここまで、できました。
HGUCザク(プラモデル,ガンダム)製作
次は腰の装甲部。可動するので全部独立してます。

それぞれを胴体と同じ色で塗装、わき腹にあたる部分にはスミ入れを施しています。
HGUCザク(プラモデル,ガンダム)製作
この突起だけに接着剤を塗ります

HGUCザク(プラモデル,ガンダム)製作

では組み立て。
最初に、まんなか。
HGUCザク(プラモデル,ガンダム)製作
次に、後ろ。
その前に、バズーカ置き台をセット。
HGUCザク(プラモデル,ガンダム)製作
で、胴体へ。
ここも接着剤は突起部分だけに塗るでOK。
HGUCザク(プラモデル,ガンダム)製作

HGUCザク(プラモデル,ガンダム)製作

そしてわき腹。
ここはポリキャップ穴に差し込むだけ。

このわき腹装甲は左右向きがあるんだけど、まずまちがうことはないと思います。
まちがってもさしかえればいいし。
HGUCザク(プラモデル,ガンダム)製作
最後の装甲の組み立て前に、脇腹の動力パイプを先に差し込みます。

写真ではわかりづらくなってしまいましたが、この動力パイプはパーティングラインが縦方向にはしっています。
ペーパーがけでけします。

やや軟質パーツなのでけずりすぎに注意。
HGUCザク(プラモデル,ガンダム)製作
ザク本体色で塗装します。
色配分は、イエローグリーン60%、ホワイト40%、RLMグレー少量となっています。

このあと、パイプの区切りすべてにスミ入れを施します。
HGUCザク(プラモデル,ガンダム)製作
左右をまちがえないように、脇腹に差し込みます。

2本とも差し込みます。
HGUCザク(プラモデル,ガンダム)製作

HGUCザク(プラモデル,ガンダム)製作

そして、正面の装甲を組み立て。

設定ではこの前面アーマーは左右独立して動くのですが、HGUCモデルでは左右連結されています。
これを分割させる改良が定番でよく行われるのですが、半分に割るにはちょっと構造が入り組んでいていろいろと手間を要すると思われますので、今回は見送りました。

留め具に当たる小さなパーツコレをアーマーへ差し込んで、胴体へ差し込みます。
HGUCザク(プラモデル,ガンダム)製作


ここまで、できました。だんだんサマになってきたようです。
HGUCザク(プラモデル,ガンダム)製作
つぎ、バックパックを仕上げます。
全体をグレーで塗装。
取説には「ブラック60%、ホワイト40%」つまり関節と同じ色で塗装、て、あります。けど、つまるところ「グレー」
私はニュートラルグレー100%で塗装しました。
ご覧のように、推進・ジャンプ用バーニアがついていません。これについては、FG(ファーストグレード)の1/144ザクのバックパックを転用するというやり方もあります。
HGUCザク(プラモデル,ガンダム)製作
では、接着を。

背中側の動力パイプを位置決めしておきます。
HGUCザク(プラモデル,ガンダム)製作

HGUCザク(プラモデル,ガンダム)製作

動力パイプをミゾにさしこみつつ、バックパックを差し込みます。
HGUCザク(プラモデル,ガンダム)製作
フロントビュー。
HGUCザク(プラモデル,ガンダム)製作
さいごに、頭部の根元部分、
実はここふかみどりではなくて、ザクグリーンでした。

てことで、塗装をし直しておきました。

これで、胴体は完成です。


次のページでは頭部の組み立てを解説します。

NEXT Page 2/5 頭部の製作》




その他のページ
Page 3 腕》
Page 4 脚》
Page 5 武器》

↑↑↑このページの一番上へ↑↑↑

    (C)SOTSU/SUNRISE/BANDAI 
(C)2004〜 ガンプラ120%! all right reserved.