gunpla120 HGUC ガンタンク,プラモデル,ガンダム RX-75 ガンタンクに関心のある方は、こんなガンプラもみています
HGUC1/144量産型ザクII


スポンサードリンク




ガンプラ製作徹底解説
HGUC 1/144 ガンタンク [RX-75]の作り方


機動戦士ガンダム・HGUCスケールプラモデル、1/144 ガンタンク[RX-75]を製作・掲載します。

第一次ガンプラブームのときに発売された旧キットのガンタンクは当時かなりの人気で私は買えなかったので、今回は別製品ながらもようやく念願達成といったところです。
発売月 2000年1月



スポンサードリンク


HGUC ガンタンク,プラモデル,ガンダム
■RX-75ガンタンク
V作戦で開発された長距離支援モビルスーツ。地球連邦軍初のMSで、二足歩行の技術が完成できないまま先に完成されたため無限軌道(キャタピラ)駆動方式を採用。TV版では宇宙空間戦闘も行っている。
◆DATA
機体番号:RX-75
頭頂高 :15.0m
本体重量  :56.0t
全重量   :80.0t
出力    :878kw
総力    :88000kg
装甲材質  :超鋼合金ルナ・チナニウム
武装
120mm低反動キャノン砲×2
40mm4連装ポップミサイルランチャー×2

搭乗者
ハヤト・コバヤシ
リュウ・ホセイ
カイ・シデン
アムロ・レイ
ジョブ・ジョン


<楽天広告より>
私が買っているのは楽天市場、数あるお店の中から送料が無料にできる、もしくは良心的な店を数店えらんでいます。 
ネットショップ駿河屋はその中の1店です。

HGUC 1/144 RX-75 ガンタンク の組み立て方です


HGUC ガンタンク,プラモデル,ガンダム

広い面積は筆塗りには不利ですが、本体色の青、パーツ自体の色は濃い気がするので、塗装することにしました。

青の塗装に使ったのは、タミヤ・エナメルカラー。
エナメル系の塗料のほうが水性アクリルより乾燥が遅く、ムラや筆スジが発生しにくいと考えたためです。
その他の塗装には水性ホビーカラーを使いました。

グレーも、色分けが十分でなかった部位があり、塗装することにしました。
その他の赤、黄、はそのままに無塗装でいっています。



なお今回ウェザリングも行っています。
使ったのは,タミヤから発売されているツールで、「ウェザリングマスターA」。
サンド、ライトサンド、マッドの3色。






使用したもの
基本工具
ニッパー、耐水ペーパー320番、1000番、2000番

ウェザリング
タミヤ ウェザリングマスターA「サンド、ライトサンド、マッド」


関連作品
HGUC RX-78-2 ガンダム
HGUC RX-77 ガンキャノン
HGUC MS-06 ザクII 量産型
HGUC MS-07B グフ
HGUC MS-09ドム/09Rリックドム

HGUC ガンタンク 製作開始

スマホで見ている方へ
隠れている右側に解説文があります。
HGUC ガンタンク,プラモデル,ガンダム
(クリックで拡大します)
HGUC ガンタンク,プラモデル,ガンダム
(クリックで拡大します)
HGUC ガンタンク,プラモデル,ガンダム

HGUC ガンタンク,プラモデル,ガンダム

HGUC ガンタンク,プラモデル,ガンダム

HGUC ガンタンク,プラモデル,ガンダム
パーツ一覧。
phase 01 タンク本体の製作
HGUC ガンタンク,プラモデル,ガンダム


車輪から。
車輪も最初は無塗装のつもりでしたが、胴体にある車輪パーツが塗装必須だったので、合わせて塗装することにしました。
HGUC ガンタンク,プラモデル,ガンダム


車輪を塗装しています。
色は説明書の指定だと4色も混ぜ合わせます。
私は手を抜きタミヤアクリルカラー「ミディアムブルー」を白で薄くしていき、色合いをみながら混ぜました。
HGUC ガンタンク,プラモデル,ガンダム


本体側の車輪の集合体。青いパーツのままというのも変なので車輪のグレーを塗装します。

写真では、縁のとこがしっかり塗られていませんが、この部分もあとで正しく塗っています。
HGUC ガンタンク,プラモデル,ガンダム

HGUC ガンタンク,プラモデル,ガンダム
車輪は塗装のあとスミ入れとウェザリングをしました


各車輪をくっつけていきます。回転機構はなさそうです。なのでゆるんで外れない対策で接着剤でガシガシとめていってます。

また、各車輪の接合部分の形が異ってくれているので、はめこみ間違いは回避できそうです。
HGUC ガンタンク,プラモデル,ガンダム


本体を接合。合わせ目消しはありませんでした。側面に現れる合わせ目はさきほどの車輪集合パーツがくるので隠れますから消さなくても大丈夫そう。
HGUC ガンタンク,プラモデル,ガンダム

HGUC ガンタンク,プラモデル,ガンダム

HGUC ガンタンク,プラモデル,ガンダム


牽引フックのようなパーツを、前後2こずつ、さしこみます。
パーティングラインがあるので除去。
HGUC ガンタンク,プラモデル,ガンダム


後方も。
HGUC ガンタンク,プラモデル,ガンダム


両サイドへ、組み立てておいた車輪パーツをはめこみます。
HGUC ガンタンク,プラモデル,ガンダム

HGUC ガンタンク,プラモデル,ガンダム


その上から、この駆動制御システムっぽいの(資料少なく未確認)を、はめこんで車輪パーツごと固定します。

塗装する場合、下の4つの四角いくぼみは別色となっていまして、濃い青での塗装です。
HGUC ガンタンク,プラモデル,ガンダム


車輪パーツを組み込みました。この段階で、少しだけウェザリングをしています。
胴体・コアブロック部
HGUC ガンタンク,プラモデル,ガンダム

HGUC ガンタンク,プラモデル,ガンダム


胴体・コアブロック部といっても組み立てパーツとしてコアブロック自体があるわけではないのですが、

この赤いパーツは前後を貼り合わせるだけのシンプル過程。

合わせ目消しもします。
HGUC ガンタンク,プラモデル,ガンダム


赤いパーツは、塗装なしでいってます。
合わせ目はペーパーがけの後、ポリッシングクロスでみがき仕上げました。
HGUC ガンタンク,プラモデル,ガンダム


黄色いアクセントパーツをさしこみます。
HGUC ガンタンク,プラモデル,ガンダム

HGUC ガンタンク,プラモデル,ガンダム


横につくものにはあとでスミ入れを。
HGUC ガンタンク,プラモデル,ガンダム


後方にも。
HGUC ガンタンク,プラモデル,ガンダム

HGUC ガンタンク,プラモデル,ガンダム


車体パーツへつなぎます。黄色パーツが3つついてる砲が前。
HGUC ガンタンク,プラモデル,ガンダム


無限軌道、商標名キャタピラを巻きます。
向きがきめられていますからまちがいないよう注意。
HGUC ガンタンク,プラモデル,ガンダム


まくスタート地点はここ。
HGUC ガンタンク,プラモデル,ガンダム


うしろから前へまわすように巻いていきます。
HGUC ガンタンク,プラモデル,ガンダム

HGUC ガンタンク,プラモデル,ガンダム


つなぎとめるのはこの穴。
HGUC ガンタンク,プラモデル,ガンダム
完成しました。

つぎは、腕、ボップミサイル部を製作します。

NEXT 腕・ボップミサイル部の製作》




↑↑↑このページの一番上へ↑↑↑

    (C)SOTSU/SUNRISE/BANDAI 
(C)2004〜 ガンプラ120%! all right reserved.