gunpla120

HGUC RX-77-2ガンキャノン
に関心のある方はこちらのガンプラも見ています
HGUC1/144 RGM-79ジム
ガンプラ製作の行程・手順を徹底的に細かく掲載しています



ガンプラ製作徹底解説 HGUC 1/144 ガンキャノン [RX-77-2] の作り方

機動戦士ガンダム・HGUCスケールプラモデル、1/144 ガンキャノン[RX-77-2]を製作・掲載します。

HGUCとしてのモデルナンバーは001。
比較的見立てやすいほうだった感がありました。
発売月 1999年5月
価格帯 900〜1100


新生リバイブモデルは近日掲載予定です

スポンサードリンク

HGUC ガンキャノン(プラモデル,ガンダム)
■ガンキャノン [Gun-Cannon]
《機動戦士ガンダム 全話を通じて登場。一年戦争時、V作戦の基開発された、中距離支援用試作モビルスーツ。
RX-78-2ガンダムのようなシールドを装備しない反面装甲は厚く、とくにコクピットや制御システムが集中する胴体部はリック・ドムのバズーカの直撃にすら耐えうる。しかし脚部はそれほど強くなく損傷を受けることもあった。特徴的な両肩のキャノン砲は信頼性の高さから実弾兵器を採用、携行武器としてビームライフルを装備する》
◆DATA
機体番号  :RX-77-2
頭頂高   :17.5m
本体重量  :51.0t
全重量   :70.0t
ジェネレーター出力:1380kw
スラスター総推力:518000kg
センサー有効半径: 6000m
装甲材質  :超鋼合金ルナ・チナニウム

武装
240mmキャノン砲×2、ビームライフル、60mmバルカン砲×2、スプレーミサイルランチャー×2、ハンドグレード

搭乗者
カイ・シデン、ハヤト・コバヤシ(劇場版)、リュウ・ホセイ、アムロ・レイ、ジョブ・ジョン



HGUC 1/144 RX-77-2 ガンキャノン の組み立て方です


HGUC RX-77-2 ガンキャノンの製作・作り方を掲載します。

パーツの色分けはほぼ完璧で、色が異なる理由で塗装をしなければならないのはビームライフルの黄色いセンサーと、頭部バルカン、それと、腕と脚に縦に走る1本のライン。

キャノン砲も、背中のランドセルも、関節も、しっかり色分けされてました。



HGUC ガンキャノン(プラモデル,ガンダム)


今回製作するにあたり、本体の赤は、無塗装でいきました。
そのほか、黄色いパーツも未塗装。パーツの色そのままに組み立てています。
手足のグレー部も、塗装せずにいきました。

肩キャノン砲とビームライフルは、塗装しました。



関連作品


HGUC RX-78-2ガンダム



HGUC RX-75 ガンタンク




HGUC RGM-79 ジム




HGUC RB-79 ボール


HGUC ガンキャノン 製作開始

スマホでご覧の方へ
右側に解説文が隠れていますのであわせてご覧ください。
HGUC ガンキャノン(プラモデル,ガンダム)

HGUC ガンキャノン(プラモデル,ガンダム)

HGUC ガンキャノン(プラモデル,ガンダム)

HGUC ガンキャノン(プラモデル,ガンダム)

HGUC ガンキャノン(プラモデル,ガンダム)

HGUC ガンキャノン(プラモデル,ガンダム)

パーツ一覧。
パーツ数はそれほど多くないです。

光でとんでしまってますが、108 109のナンバーーシールがついてます。

PHASE 01 脚部の製作

HGUC ガンキャノン(プラモデル,ガンダム)


これは、ひざ関節パーツです。
パーティングラインがありますのでペーパーがけにて消しました。
HGUC ガンキャノン(プラモデル,ガンダム)

HGUC ガンキャノン(プラモデル,ガンダム)


ポリキャップにあるこの複雑な形状のパーツを2つ、差し込みます。
HGUC ガンキャノン(プラモデル,ガンダム)

HGUC ガンキャノン(プラモデル,ガンダム)
裏面は内部メカ演出用に黒で塗装してます

HGUC ガンキャノン(プラモデル,ガンダム)


太腿パーツです。
ポリキャップを1こ(下半身接合部用)と、さっき組み立てたひざ関節パーツをはめこんで、貼り合わせます。

ここは合わせ目消しをする箇所と、しない箇所が混在しています。
HGUC ガンキャノン(プラモデル,ガンダム)


合わせ目を消さない部分は厚めに溝があります。説明書の完成写真をみるかぎりでは、ここはグレーで塗装のようです。
なので、組み立て前に、塗装しました。
HGUC ガンキャノン(プラモデル,ガンダム)


太腿付け根部分は合わせ目を消す箇所。


今回、本体赤の塗装はしないので、合わせ目消し後のペーパーがけ跡を消すにはポリッシングクロスを用いました。

↑これ。

HGUC ガンキャノン(プラモデル,ガンダム)


ポリッシングクロスが磨くと、塗装なしでもこの通り。
HGUC ガンキャノン(プラモデル,ガンダム)


HGUC ガンキャノン(プラモデル,ガンダム)
完成写真ですが、裏を黒く塗るとこんな感じ。


ひざから下の部分です。
例によって内部メカ演出用に裏面を黒で塗装してます。
HGUC ガンキャノン(プラモデル,ガンダム)


足先をつなげるパーツ。
そのままだと赤いので黒で塗装。
HGUC ガンキャノン(プラモデル,ガンダム)


足先パーツと、さきほど組み立てた太腿パーツをつなぎあわせます。
HGUC ガンキャノン(プラモデル,ガンダム)


これも合わせ目のラインにはグレー塗装。
HGUC ガンキャノン(プラモデル,ガンダム)


脚を貼り合わせて、完了。
HGUC ガンキャノン(プラモデル,ガンダム)


ひざのとこは、合わせ目を消します。
HGUC ガンキャノン(プラモデル,ガンダム)

HGUC ガンキャノン(プラモデル,ガンダム)

HGUC ガンキャノン(プラモデル,ガンダム)
合わせ目は全部消します。
とはいうものの、足裏の複雑なディテールを消すのは大変。



足先部を仕上げます。

といっても、22つのパーツをはり合わせるだけのシンプルなもの。

ポリキャップのはめこみを忘れずに・・・・・
HGUC ガンキャノン(プラモデル,ガンダム)


足を接合します。

HGUC ガンキャノン(プラモデル,ガンダム)
脚部の完成です。
つづけて、下半身部を製作
HGUC ガンキャノン(プラモデル,ガンダム)


下半身パーツを組み立てます。
その前に、内部となるとこを黒で塗装しています。
HGUC ガンキャノン(プラモデル,ガンダム)


そののちに、両脚を接合。
HGUC ガンキャノン(プラモデル,ガンダム)


アーマーパーツ。
スミ入れを先にほどこしています。
HGUC ガンキャノン(プラモデル,ガンダム)


センターには、黄色いこの丸パーツ。
HGUC ガンキャノン(プラモデル,ガンダム)

HGUC ガンキャノン(プラモデル,ガンダム)


前のアーマーから組み立てます。

アーマーをセンターのパーツにはめこんでから、下半身へ接合。
HGUC ガンキャノン(プラモデル,ガンダム)


左右のアーマーを独立稼働させたい場合は、真ん中から切り離します。
HGUC ガンキャノン(プラモデル,ガンダム)


切りはなしただけだと簡単にすっぽ抜けるので、切り口を写真のようにつぶして、返しを作ります。矢印のとこを火であぶって金属板におしつけるとできます。
HGUC ガンキャノン(プラモデル,ガンダム)

HGUC ガンキャノン(プラモデル,ガンダム)
これで独立稼働。


あとの手順は、同じ。
HGUC ガンキャノン(プラモデル,ガンダム)


うしろのアーマーを接合。
ここは稼働部分ではないので、そのまま差し込みで終わりです。
HGUC ガンキャノン(プラモデル,ガンダム)

下半分が完成しました。



つぎは、頭部を組み立てます。

NEXT 頭部ユニットの製作》




↑↑↑このページの一番上へ↑↑↑

    (C)SOTSU/SUNRISE/BANDAI 
(C)2004〜 ガンプラ120%! all right reserved.