gunpla120

HGUCプラモデル シャア専用ズゴックに
関心のある方は、こちらのガンプラも見ています
HGUC1/144アッガイFG 1/144シャア専用ザクHGUC1/144 RGM-79ジム
ガンプラ(ガンダム プラモデル)製作の行程・手順を徹底的に細かく掲載しています



ガンプラ製作徹底解説 HGUC 1/144 シャア専用ズゴック の作り方

機動戦士ガンダム HGUCプラモデル 1/144ズゴック。その作り方を細かく掲載します。


一撃で連邦のジムを撃破したそのインパクトから人気ランキングでも常時上位に君臨するMS、水陸両用MSの中の名機、シャア専用ズゴック。HGUC 1/144プラモデルの組み立て方です。



スポンサードリンク

HGUCズゴック(プラモデル,ガンダムの製作
■ズゴック解説(引用してます)
ジオン軍水陸両用モビルスーツ。薄水色を基調として量産型がテレビ版第27話にて量産型ズゴックが初登場。連邦軍ベルファスト基地を襲撃した。第29話ではシャアの乗る赤いズゴックが登場、アイアンネイルで連邦のモビルスーツRGM-79を突き刺し撃破するシーンは有名。
その後のガンダムZZやガンダムUCなどにて登場。
機体番号:MSM-07S
全長  :18.4m
重量  :65.1t
総重量 :96.4t
ジェネレータ出力:2480kw
スラスター出力:83000kg
最高速度:103kt
装甲質 :スーパーハイテンションスティール
武装  :メガ粒子砲2門(両腕各1対)
     アイアンネイル(両腕各1対)
     240mmロケットランチャー8門(頭部)



HGUC ズゴック シャア専用

HGUCザクの製作


ズゴックの作り方を解説します

旧キットでは開いている状態か閉じている状態の2択でしかつくれなかったアイアンネイル、
このHGUC ズゴックでは1本1本が独立して稼働してくれます。



量産型のズゴックとは色の違い以外パーツの違いはないので、量産型でも同じプロセスだと思います(買っていないので現物確認はしていません)


今回合わせ目を消すのと塗装はひととおりしましたが、モディファイのための改造は一切しておりません。

気をつけた点
蛇腹パーツがいくつもありよく似ていて違えやすいです。つなぐ順番をまちがえると変な並びになるのですぐ気づきますが正しいのはどの順? てな感じになりました。あと、説明書が詰め込み感があり、比較的みづらいです。それ以外は何も気にする箇所はありませんでした。

濃赤の筆塗り塗装はムラになりやすく難儀しました。
画像にはムラを解消する前のものもございます。



使用した工具
私はニッパー耐水ペーパー2種(320,1000)、それと水性ホビーカラーをシャアの色(ザクのときに混ぜ合わせてつくったのを使い回し)
これだけで製作しています。


この「HGUC 1/144シャア専用ズゴック作り方ページは、なるべく取扱説明書の順に
解説してありますが、効率化とかを考えて順序を変えてあるときもあります。

また、ガンプラの作り方は10人いれば10通りあるように、
この作り方がすべてではありません。

人によっては、この解説の中にも飛ばしていい項目もあれば、
足らない項目もあるはずです。

すべてを鵜呑みにせず、自分に合ったガンプラづくりを目指してください。





関連ガンプラ/その他の模型
HGUC1/144 Rx-78-2ガンダムHGUC RX-78-2 ガンダム
HGUC RX-77-2 ガンキャノン
HGUC RX-75 ガンタンク
HGUC1/144 RGM-79ジムHGUC RGM-79 ジム
HGUC RB-79ボール
HGUC MS-07B グフ
HGUC MS-09ドム/09Rリックドム
HGUC1/144ゴッグHGUC MSM-03 ゴッグ
HGUC1/144ゾックHGUC MSM-10 ゾック
HGUC1/144アッガイHGUC MSM-04 アッガイ
HGUC1/144ギャンHGUC YMS-15 ギャン
HGUC MSN-02 ジオング

スポンサードリンク



HGUC シャア専用ズゴック 詳しい作り方

PHASE 0 パッケージ内容の確認、ランナーおよびパーツ洗浄

スマホで見ている方へ
隠れている右側に解説文があります。
HGUCズゴック(プラモデル,ガンダムの製作


まずはパーツ数に欠損はないかよく確認。

その後パーツ洗浄を施します。
今回画像撮影を忘れてしまいました・・・
HGUCズゴック(プラモデル,ガンダムの製作


パーツ同士がこすれてキズがつかないよう、間には紙や開封したビニール袋を敷いて保護します。
パーツの一覧
HGUCズゴック(プラモデル,ガンダムの製作
パーツを紹介。
Aパーツは2枚にわかれています。
こちらはA1。
HGUCズゴック(プラモデル,ガンダムの製作
これはA2。ジョイントパーツが主です。
HGUCズゴック(プラモデル,ガンダムの製作
パーツB。主に腕や脚の濃い赤部分。
HGUCズゴック(プラモデル,ガンダムの製作
間接用ポリキャップパーツのPE。

PHASE 1 脚部の組み立て

HGUCズゴック(プラモデル,ガンダムの製作


まずは、脚の太股にあたる、蛇腹を組み立てます。
にたようなパーツが2種類ありまぎらわしいので、よくパーツ番号を確かめて。

まずは3段ある蛇腹の、一番下のパーツを組み立てます。
HGUCズゴック(プラモデル,ガンダムの製作


ジョイントパーツを、蛇腹パーツへ差し込みます。
これは接着します。

ここは関節部なので可動負荷のかかるところです。なので念のため接着剤を使っています。
HGUCズゴック(プラモデル,ガンダムの製作


こんなふうになります。
HGUCズゴック(プラモデル,ガンダムの製作

HGUCズゴック(プラモデル,ガンダムの製作


これは左足のパーツ番号です。

とくにジョイントパーツ(A2の方)は似ているものが多く、そのくせまちがえるとへんてこな組み上がりになるなど注意が必要。

こんなふうになっちゃいます。
「ガンプラBLOG記事・同じ形のパーツが多いんです」

みなさんも僕のような失敗をしないように気をつけてくださいませ。
HGUCズゴック(プラモデル,ガンダムの製作


蛇腹は組み立てる前・単体のうちに塗装します。
色は解説書によりますとミッドナイトブルー100%+ホワイトを少量、とあります。
HGUCズゴック(プラモデル,ガンダムの製作


その蛇腹パーツ下段に接着される赤い間接パーツを仕上げます。
HGUCズゴック(プラモデル,ガンダムの製作

HGUCズゴック(プラモデル,ガンダムの製作


このパーツにはパーティングラインがはしっていますので、ペーパーがけで消しておきます。
消したら、スゴックの濃い方の赤で塗装します。
色は、赤80%、黒20%で。(説明書より)
HGUCズゴック(プラモデル,ガンダムの製作

接着します。
接着剤は赤いパーツ側の、図の部分だけに塗ります。ここしか接着面がないから。
HGUCズゴック(プラモデル,ガンダムの製作
・・・・ちょっと塗装ムラがあるな


こんな形。赤い部分がまるい方、ここがひざにあたります。いったんこのパーツは放置しておきます。
HGUCズゴック(プラモデル,ガンダムの製作


次は、中断の蛇腹を組み立てます。
HGUCズゴック(プラモデル,ガンダムの製作

HGUCズゴック(プラモデル,ガンダムの製作

HGUCズゴック(プラモデル,ガンダムの製作

蛇腹パーツは酷似しているものが多いので、まちがえないよう気をつけねばなりません。

要領は同じで、この蛇腹パーツにジョイントパーツを接着するだけです。
HGUCズゴック(プラモデル,ガンダムの製作


同じく、蛇腹のグレーで塗装します。
HGUCズゴック(プラモデル,ガンダムの製作


仕上がったら、さきほどの下段蛇腹と合体させます。
可動部分なので、接着しません。
HGUCズゴック(プラモデル,ガンダムの製作


ここまでできました。
HGUCズゴック(プラモデル,ガンダムの製作


ラスト。上段蛇腹を、中断のとまったく同じ要領で組み立てます。
HGUCズゴック(プラモデル,ガンダムの製作


この調子で左脚の蛇腹も同時に組むとさすがにあきてきます(笑)。
HGUCズゴック(プラモデル,ガンダムの製作


これも塗装します。
HGUCズゴック(プラモデル,ガンダムの製作


中段蛇腹の上に、カチッと差し込みます。
HGUCズゴック(プラモデル,ガンダムの製作


これで蛇腹はできました。お疲れ様。
HGUCズゴック(プラモデル,ガンダムの製作

HGUCズゴック(プラモデル,ガンダムの製作


次は、ひざから下の部分の組み立てにとりかかります。

まず、間接用のパーツを作成します。
このT字の骨みたいなパーツを、ポリキャップを挟んで接着します。
HGUCズゴック(プラモデル,ガンダムの製作

HGUCズゴック(プラモデル,ガンダムの製作


蛇腹パーツにさしこみます。
この作業はT字間接パーツが完全に接着硬化するのを見込んでから行うことをおすすめします。
あわてるとパカッとはがれてしまいます。

ここでまた、このパーツは放置。
HGUCズゴック(プラモデル,ガンダムの製作


足部の組み立てです。
まずこの脚部パーツの裏面を、つやけし黒で塗装します。
これは、「装甲の裏側はメカニカルな構造になっている」から、それに合わせて中が空洞にみえないようにするため。
確かに色パーツのままだと安っぽくみえてしまいます。
HGUCズゴック(プラモデル,ガンダムの製作


この細い溝の部分はディテールライン(モールド)なので、スミ入れを施してもいいと思います。
HGUCズゴック(プラモデル,ガンダムの製作


そして表面も濃い方のズゴック赤で塗装します。
このパーツは接着の跡(合わせ目)を消す行程がないので、先に塗装してもOKなのですよ。

必要な方はこの段階でスミ入れも。


これらの塗装が乾くまでの間に、先に足先パーツを作っていきます。
HGUCズゴック(プラモデル,ガンダムの製作


これは足の裏パーツです。
ポリキャップを差し込みます。
HGUCズゴック(プラモデル,ガンダムの製作


足パーツをはめ込むような感じで接着。
HGUCズゴック(プラモデル,ガンダムの製作


接着剤は、この突起部4ヶ所だけに塗る方が、はみ出しにくいのでおすすめです。

足の輪郭全体は接着面ではないのでぬらないで。
HGUCズゴック(プラモデル,ガンダムの製作


この4ヶ所の接合部は、なかなか入りにくい場合があります。なので、この1ヶ所をニッパーで切り取ってやりました。それでも、しっかり接着してくれました。
HGUCズゴック(プラモデル,ガンダムの製作


足の組み立てはこれで完成。後は全体を濃い方のズゴック赤で塗装です。
HGUCズゴック(プラモデル,ガンダムの製作


足裏はあわてて塗るとディテール多いためこのように気泡がうまれやすいです。

写真では推進部を色分けしてますが説明書にはここ赤一色になってますから特に意識しなくてもよいと思います。
HGUCズゴック(プラモデル,ガンダムの製作


濃い赤はこのように色むらが出やすいので何回か重ね塗りすることをおすすめします。

またはこの色むらを上からウェザリングでごまかすというやりかたもあります。私の得意とするごまかし技です^^;。

スミ入れをこの時点で行います。
HGUCズゴック(プラモデル,ガンダムの製作
撮影用にピンセットでもたせてるけど実際にはこんなことしてないですよ

HGUCズゴック(プラモデル,ガンダムの製作
ひざ部分がまるくなっている方が前、四角いのは後ろ。


いよいよ仕上げです。

放置していた蛇腹パーツの、ジョイント部を足に差し込みます。

このとき黒いジョイントパーツが完全に接着硬化していないとこの時点でバカッとはがれますから慎重に。
HGUCズゴック(プラモデル,ガンダムの製作

HGUCズゴック(プラモデル,ガンダムの製作


脚パーツをはさみこむ形で接着します。
塗った接着剤が他の部分へうっかり触れてしまいそうになるので慎重に・・・


またこの接合後(合わせ目)は消す必要がありません。
HGUCズゴック(プラモデル,ガンダムの製作


脚が完成しました。
HGUCズゴック(プラモデル,ガンダムの製作


もう一対組み立てて、脚部は完成です。








次は、腰と腹部を組み立てます。

NEXT Page 2/4 腰・腹部の製作》
その他のページ
Page 2(腰)》
Page 3(腕)》
Page 4(胴体)》



    (C)SOTSU/SUNRISE/BANDAI 
(C)2004〜 ガンプラ120%! all right reserved.