gunpla120

HGUCプラモデル サザビーに関心のある方は
こちらのガンプラも見ています
ガンプラ(ガンダム プラモデル)製作の行程・手順を徹底的に細かく掲載しています




ガンプラ製作徹底解説 HGUC 1/144 サザビー(MSN-04) の作り方

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」 登場、シャア・アズナブルの専用モビルスーツ、サザビーのHGUC 1/144プラモデルです。全長25.6mですから、HGUCガンプラ の中では比較的大きめのサイズになりました。
HGUCサザビーの組み立てに関しては、合わせ目がほとんど目立たないというのがなにより嬉しいです。
塗装も、姿勢制御スラスターの内部のイエロー塗装という手間はありますがほぼ無塗装でもOK。
ファンネルがついていますが、本製品に収納機構はないです。



スポンサードリンク

HGUC 1/144サザビー
■サザビー[ Sazabi]
「劇場版 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」にて、新生ネオ・ジオン総帥シャア・アズナブルの専用機として開発されたモビルスーツ。
◆DATA
機体番号:MSN-04
全長  :25.6m
重量  :30.5t
総重量 :71.2t
ジェネレータ出力:3690kw
スラスター総出力:133000kg
装甲質 :ガンダリウム合金
武装  :ビームショットライフル、ビームトマホーク、ビームサーベル、拡散メガ粒子砲、シールド内ミサイル×3、ファンネル×6
搭乗パイロット:シャア・アズナブル



HGUC 1/144 MSN-04 サザビー の組み立て方です


MSN-04サザビー は、こんなモビルスーツ


ネオ・ジオン総帥シャア・アズナブル大佐専用機、MSN-04 サザビー。
新生ネオ・ジオン軍内で基礎設計を行い、月面のアナハイム・エレクトロニクス社に建造を依頼、MSとしての基本性能と、ニュータイプ専用機としてのサイコミュ関連の性能とのバランスが取れた傑作機として完成されました。

ほぼ同等の性能を持つ、アムロの駆るνガンダムと激闘、ファンネル戦、銃撃戦、近接戦、果ては殴る蹴るの格闘までくりひろげました。

ちなみに、左腰にある音楽記号のようなマークは、シャアの「キャスバル・レム・ダイクン」のC・Dをアレンジしたもの。



HGUCサザビー、塗装について


HGUCプラモデルらしく色分けはほぽ完璧です。
そして、そのパーツ自体の色も、さほど誤差がないように感じました。
合わせ目が隠れるようにできているので、合わせ目消しという手間がありません。これはバンダイのプラモデル開発技術の賜物だと思います。

しかしどうしても塗装が必要だった箇所が、スラスター内部の黄色いとこ。
ここは色分けがされていませんしシールもないので、本格的に仕上げようとなると塗装が必要となります。



使用した工具


パーツはずしにニッパーと、
合わせ目消しに耐水ペーパー2種(320,1000)
塗装用に水性ホビーカラーを指定色分、
スミ入れ用にタミヤエナメル塗料フラットブラック
これだけで製作しています。


この「HGUC 1/144サザビー作り方ページは、なるべく取扱説明書の順に
解説してありますが、効率化とかを考えて順序を変えてあるときもあります。

また、ガンプラの作り方は10人いれば10通りあるように、
この作り方がすべてではありません。

人によっては、この解説の中にも飛ばしていい項目もあれば、
足らない項目もあるはずです。

すべてを鵜呑みにせず、自分に合ったガンプラづくりを目指してください。




HGUC サザビー ギャラリー
HGUC 1/144サザビー

HGUC 1/144サザビー


other
ガンダム逆襲のシャア
HGUC RX-93 νガンダム

ガンダム逆襲のシャアs
HGUC AMS-119 ギラ・ドーガ

スポンサードリンク



PHASE 0 パッケージ内容の確認、ランナーおよびパーツ洗浄

スマホで見ている方へ
隠れている右側に解説文があります。
HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作


さあ待ちに待ったサザビー、開封の瞬間!

しかしいざ開けてみると、
パーツ数というよりはその枚数に愕然。

2種あるのもあるけど、ポリキャップふくめ全部で10枚。
これはやりがいがある。いろんな意味で。
HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作

HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作
乾かす一歩前の状態で、すでに床を占拠。


パーツ洗浄を施します。
HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作


パーツ同士がこすれてキズがつかないよう、間には紙や開封したビニル袋を敷いて保護。
このおかげで箱の中が分厚い層で占拠されてしまいます。その都度ビニル袋に入れて保管してましたが枚数が多いのでだんだん面倒になってきました。
HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作
パーツを紹介。
Aパーツ。色付きのものはこちら。

HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作
Bパーツ。
シールドとアーマーです。
HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作
Cパーツ。

HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作
Dパーツ。2枚あります。
HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作
Eパーツ。こちらも2枚あります。

HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作
Fパーツ。こちらも2枚。
HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作
Gパーツ。フレーム系のものが多く、ABS樹脂ゆえに塗装をおすすめしていないと取説に書いてあります。

この「サザビーの作り方」ページでも塗装はしておらず地の色を活かしております。

HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作
関節用ポリキャップパーツのPE。

それと、マーキングステッカー。
PHASE 1 胴体・上半身部の組み立て
HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作


胴体のくみたてです。
フレームに相当するパーツに装甲を飾り付けていく、そんな感じで組み立てていきます。

まずは、胴体パーツの片方に、首関節パーツを差し込みます。
HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作


下の方にの四角い穴に、ポリキャップパーツを差し込みます。

用語解説>>ポリキャップ(別窓表示)
HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作
HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作


胴体パーツを貼り合わせます。
HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作 HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作

HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作
ここまでに使ったパーツです。


HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作


つぎは、肩装甲と、肩関節部分を組み立てます。
これは肩関節パーツ。
先に塗装とスミ入れをします。

塗装色は、モンザレッド85%、ココアブラウン15%と、取説に書いてあります。


用語解説>>スミ入れ(別窓表示)

はみでないディテールラインへのスミ入れ方法>>(別窓表示)
HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作
HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作


そしてこれが肩装甲。
ポリキャップパーツを差し込みます。
HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作


そのパーツを、肩装甲の裏側から外へ通します。
HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作
HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作


胴体フレームへ差し込みます。
HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作


反対側も同じ要領で組み立てます。
HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作


・・こんな感じ。
HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作 HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作
HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作 
ここまでに使ったパーツです。



HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作


次はジオン系モビルスーツの特徴ともいえる、動力パイプ。
実はこのパーツには、パーティングラインが縦についてしまっております。

ですのでペーパーがけをしてこのラインを除去します。


用語解説>>>パーティングライン(別窓表示)
用語解説>>>ペーパーがけ(別窓表示)

HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作


首飾りをつけるように、動力パイプパーツを胴体へ差し込みます。接着剤はかぎりなく控えめで・・・・

νガンダムにひきちぎられた部分なのを思い出しました
HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作


次は腹部のメガ粒子砲口部。
黄色パーツはパーツの色がいいので塗らなくてもいけそうです。が、スミ入れはしています。

塗装の場合、黄色の色配合は、イエロー70%、オレンジイエロー30%と取説に掲載されています。

スミ入れはかなり厄介です。
HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作


そして外側の赤いパーツ。
これも、さっき肩の時に使用したのと同じ色の赤で塗装します。
HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作
          ↓
HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作


それぞれの塗装が乾燥したら、黄色と赤をはめあわせます。
HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作
HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作


砲口部を胴体へ差し込みます。
上下向きがきめられていますので気をつけて。
角度が深い方が上で、浅い方を下に向けてさしこみます。
HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作


かわってこれは、背中につくパーツ。
同じく赤で塗装。
HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作


で、背中へ接着。
HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作


さらにこれは、胴体前、
いわばフロントカウルみたいな部分。

これは、さっきの赤ではなく、モンザレッド100%で塗装します。

サザビーは濃い赤と明るい赤の2色構成。色分けを間違えないよう気をつけねばなりません。
HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作
HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作


それを胴体へ差し込みます。
取り外し機構らしいので、接着剤は使わないで。とあります。
HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作 HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作
HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作
ここまでに使ったパーツです。


HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作


次、腹部の動力パイプ。
これもパーティングラインがあります。ペーパーがけして消してしまいます。
HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作


塗装&スミ入れします。
色はメガ粒子砲のときに使用したイエローと同じで。
HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作

胴体へ差し込みます。
接着剤は塗ってもいいですが、3つある接合部分のうち、真ん中のひとつだけにとどめておく方が無難です。
他の部分、両端の接合点に接着剤がついていた場合、接合の際に他のとこに触れてしまう恐れがあります。
HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作


パイプは左右組み立て。
HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作


これはそのパイプの上にかぶせるようなパーツ。
これにもパーティグラインがありますから、消します。


これも2こ準備します。
HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作


その後、塗装。
塗装は暗い方の赤を使用します。

塗装の際にUの字部分に何かを差し込んで固定して塗らないと、もつとこがありません。
HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作
HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作


胴体へ差し込みます。
向きが決められていますので、まちがえないように・・・

接着剤はなくても大丈夫。無理につけるとハミだすかも。

HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作 HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作×2

ここまでに使ったパーツです。

HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作
HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作
この部分の塗装もわすれずに


最後はバックパック。
まずは組み立ての前に塗装をします。
色は、ブラック100%にホワイトを少々%。

しかしこのくらいの色配分なら、市販のタイヤブラックでも代用できるような気がして、そっちで塗ってみました。
HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作
HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作


背中側のパーツ(薄い方)に、ポリキャップを差し込みます。
ここには後に、プロペラントタンクが装着されます。
HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作

HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作


スラスター部。
バックパックに装着されるものです。

サザビーのスラスター内部は、すべてイエローで統一されています。しかしその色分けだけは施されていないので、自分で塗装することとなります。

こんな場合、地色の方を黄色にしてくれた方が助かるんですけどね〜

おかげでそのまま黄色を塗っても発色性がすごくわるいので、下地の白の塗装からやらなくてはなりません。

下地の白、これがまた、一度塗っただけではだめなんで、重ね塗りの手間もいります。
HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作
HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作


小さい方のスラスターパーツを差し込みます。
2こあります。
HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作


バックパック本体を貼り合わせます。
接着剤は内部にある3つの突起に塗るだけでOK。
HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作
HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作
こっちが正しい位置。ポリキャップがいびつになってるのは位置を直そうとした戦いの跡です


このとき、とりつけた2このポリキャップの向きに十分注意です。。

穴と穴がきれいに重なるように位置していないと、写真のようによそ向いたまま組み上がってしまいます。

こうなってしまうと、またはがさねばならないのですが、はがすのは容易ではありませんでした・・・・

結局マイナスドライバーでこじあけてはずしたため、パーツに少なからずキズを付けてしまいました・・・
HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作

HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作
HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作


もうひとつ、ポリキャップを入れて、
反対側から大きい方のスラスターを差し込みます。
HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作
HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作


胴体・背中に差し込んで、完成です。

HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作 HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作×2

HGUCサザビー(プラモデル,ガンダム)の製作
ここまでに使ったパーツです。



次は、頭部の組み立てです。

NEXT 頭部の組み立て》




その他のページ
Page 2(頭部)》  Page 3(腕1)》  Page 4(腕2)》
Page 5(脚1)》  Page 6(脚2)》  Page 7(胴体・下)》  Page 8(武器他)》

↑↑↑このページの一番上へ↑↑↑

    (C)SOTSU/SUNRISE/BANDAI 
(C)2004〜 ガンプラ120%! all right reserved.