gunpla120

HGUC リックディアスに関心のある方は
こちらのガンプラも見ています
HGUC ゼータガンダム
ガンプラ製作の行程・手順を徹底的に細かく掲載しています




ガンプラ製作徹底解説 HGUC 1/144 リックディアス(RMS-099)クワトロカラーVer. の作り方

今回つくるのは、機動戦士Zガンダムシリーズのレギュラーモビルスーツ、HGUC 1/144 リック・ディアス クワトロカラー。 HGUC 1/144プラモデルです。


スポンサードリンク

リックディアス(機動戦士ゼータガンダム)
■RMS-099 リックディアス
《機動戦士Zガンダム登場の、反地球連邦組織エゥーゴ開発モビルスーツ。第一話からクワトロ・バジーナ名乗るシャア・アズナブルが搭乗。初盤はこの赤いリック・ディアスがクワトロ専用カラーで、アポリやロベルトは黒いリック・ディアスに搭乗していた。中盤からはクワトロ・バジーナは百式を専用機とし、赤いリック・ディアスがスタンダード・カラーとなり複数登場。》
◆DATA
機体番号:RMS-099
全長  :18.7m
重量  :32.2t
総重量 :54.7t
ジェネレータ出力:1833kw
装甲質 :ガンダリウム合金
武装  :クレイ・バズーカ
     ビーム・ピストル
     ビーム・サーベル
     55mmバルカンファランクス


主な搭乗者
クワトロ・バジーナ
アポリー・ベイ
ロベルト(ただし黒カラーバージョン)
エマ・シーン
アムロ・レイ
バッチ
ほか多数


エゥーゴ初のオリジナルモビルスーツ、RMS-099 リック・ディアス

HGUC プラモデルとしてのリック・ディアス クワトロカラーは、
2006年10月に発売されました。


機動戦士Zガンダム第1話より登場のモビルスーツ、RMS-099 リックディアス。
この赤いリックディアスはカミーユの父フランクリン・ビダンに強奪された後追撃を受け無惨に破壊されましたが、ちゃっかりそれまで黒だったリックディアスが「大尉の色は人気があります」という理由で赤くなって登場。

実はエンディング曲「星空のBelieve」の12インチシングルレコードジャケットにもなってたMSなんですよね。

今回製作はその赤い方のHGUC 1/144スケール・プラモデルです



パーツの色分けはほぼ設定に近いのですが、全面塗装をしています。
なお、黒い一般カラーのリック・ディアスは未購入なのですが、掲載は見送っています。


HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)
おおきなパーツはこのようにキズが入りやすいので、
十分な保護対策が必要でした。
この写真のキズは未開封当初からついてたもの。
運搬etcでついたものと思われます。
ペーパーがけで消えました。


HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)
クレイ・バズーカとビーム・ピストルを装備できますが、
クレイバズーカは前を向けて構えにくいし、
ビームピストルは握らせた安定感がありません。


HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)
頭部は開閉し、連動してバルカン・ファランクスがでてきます。

本体色
モンザレッド70%+オレンジ30%+ブラック少量
フレーム等ブルーグレー色
ミディアムブルー60%+ホワイト40%+レッド少量
装甲ブラウン
レッドブラウン50%+ブラック50%



この「HGUC 1/144リック・ディアス」作り方ページは、なるべく取扱説明書の順に
解説してありますが、効率化とかを考えて順序を変えてあるときもあります。

また、ガンプラの作り方は10人いれば10通りあるように、
この作り方がすべてではありません。

人によっては、この解説の中にも飛ばしていい項目もあれば、
足らない項目もあるはずです。

すべてを鵜呑みにせず、自分に合ったガンプラづくりを目指してください。


スポンサードリンク



リックディアス 製作開始

スマホで見ている方へ
隠れている右側に解説文があります。
HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)
こすれるとこんなにキズがつきます

HGUCリックディアスは角の立つパーツが多数あります。パーツ同士がこすれてキズがつかないよう、保護し保管するのがいいと思います。
HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)
パーツを紹介。
Aパーツ。

HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)
B1パーツ。赤い部分。
HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)
B2パーツ。同じく赤い部分。

HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)
Cパーツ。
HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)
×2
Dパーツ。2枚あります。
HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)
ポリキャップパーツ。

PHASE 1 脚部の組み立て
太腿

HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)


ひざの裏にある、動力パイプらしきパーツです。
これにはパーティングラインがありますので、ペーパーがけで消します。

用語解説・パーティングライン>>>
用語解説・ペーパーがけ>>>
HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)


その後、全体を塗装し、スミ入れします。
色配合は、ミディアムブルー60%+ホワイト40%+レッド少量、と取説にあります。
実はこれ、ケンプファーのチェーンマインと同じ色配合です。

用語解説・スミ入れ>>>
HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

次、これは太股のパーツです。
裏面黒で塗装しているのは、内部メカ演出用。
やはりMSの装甲裏は、機械部がつまっているって感じにしたいです。内部が同じ赤だと、なんかおもちゃっぽくみえてしまうんです。
HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)


さっき塗装し仕上げてておいた動力パイブを、ひざパーツに差し込みます。
HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)


ポリキャップを差し込み、膝パーツを貼り合わせます。

接合の跡(合わせ目)消し作業がいります。



用語解説・合わせ目>>>
HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)


その後塗装します。
色配合は、モンザレッド70%+オレンジ30%+ブラック少量、と、取説にあります。

これでひざ上パーツは完了。

HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル) HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)
HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)
ここまでに使ったパーツです。


ひざ下
HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)


次は、ひざから下の部分を組み立てます。
このフレームパーツは、組み立てると隠れてほとんどみえなくなります。が、念のためパーティングラインを処理し、さっきパイプのときに使用したグレーを塗装しておきました。
HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)


内部のスラスター用パーツをさしこみます。

パーツの向き注意。

写真ではブラウンで塗装していますが、ここは隠れる部分なので塗装の必要性はありません。単なる私の早とちりです。
HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)


ひざ下のパーツです。

裏面を黒で塗装しておきます。
HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)
HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)
HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)


ポリキャップと、
さっき組み立てたフレームを中にいれて、
貼り合わせます。

でかいせいかぴったり貼り合わせ目が一致せず、微妙にずれたりします。

合わせ目を消すにはパテを使う方が早いかも知れません。
HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)


全体を塗装します。
スミ入れもあります。
HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)


これは、ひざのアーマーパーツ。
組み立てる前にこれも本体色で塗装して、

差し込みます。
HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)


さらにこれは、ひざの後ろにあたる、いわば空洞隠しのようなパーツ。
先に塗装してから、脚へ差し込みます。
HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)


ひざのアーマーパーツ。
塗装。色配合はレッドブラウン50%+ブラック50%と取説に掲載されています。

それを脚へ組み立てます。

これで一段落つきますのでひざ下パーツは放置します。

HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル) HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)
HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル) HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)
HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)×2 HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)
ここまでに使ったパーツです。


足先
HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)


次は、足先パーツを組み立てます。

まずそれぞれに塗装。
足裏のパーツはさっきひざのアクセントに使ったブラウンを、足の甲にあたる部分は関節のと同じグレーで塗装します。
HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)


ポリキャップを差し込んでから、足甲パーツを差し込みます。
脚の完成
HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

これまで作って放置した脚パーツをすべて接合したら完成です。

これはひざの関節用パーツ。
パーティングラインがありますので消し、関節用グレーで塗装します。
HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)

それぞれをつないでいきます。
HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)
これで脚の組み立ては完了です。


HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル) HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)×2
HGUCリックディアスの製作(ガンダム,プラモデル)
ここまでに使ったパーツです。


次は、腕を組み立てます。

NEXT 腕部の製作》

その他のページ
Page 2(腕)》
Page 3(胴体・上)》
Page 4(頭部ユニット)》
Page 5(胴体・下)》
Page 6(武器など)》



    (C)SOTSU/SUNRISE/BANDAI 
(C)2004〜 ガンプラ120%! all right reserved.