ガンプラ製作徹底解説 HGUC 1/144 ガンダムMk-II ティターンズ の作り方
 -4-




トレーディングカードやフィギュアなどのホビーグッズが激安!


脚部 の組み立て  (HGUC ガンダムMk-II)
HGUC ガンダムMk-II ティターンズ(ガンダム,プラモデル)

足の組み立てから開始します。
HGUC ガンダムMk-II ティターンズ(ガンダム,プラモデル)
足甲の色分けられたパーツ。
内部に、ポリキャップをはめ込みます。
HGUC ガンダムMk-II ティターンズ(ガンダム,プラモデル)

HGUC ガンダムMk-II ティターンズ(ガンダム,プラモデル)

指で押し込んでもなかなかまっすぐに入ってくれないので、
Pカッターの先端に突き刺して水平を保ちながら押し込みました。
HGUC ガンダムMk-II ティターンズ(ガンダム,プラモデル)
表側はこうなります。
HGUC ガンダムMk-II ティターンズ(ガンダム,プラモデル)
足底のあたりです。
そのまま上下をつなぎます。
HGUC ガンダムMk-II ティターンズ(ガンダム,プラモデル)
ここまでの足パーツは左足・右足の区別がなく同じパーツ番号なので、
同時に2個作っても大丈夫です。
HGUC ガンダムMk-II ティターンズ(ガンダム,プラモデル)
さっきポリキャップをはめこんだパーツもつなぎます。
HGUC ガンダムMk-II ティターンズ(ガンダム,プラモデル)

HGUC ガンダムMk-II ティターンズ(ガンダム,プラモデル)

ここからは、右足・左足でのパーツ番号は異なります。
足の装甲パーツ。

左右から足を挟み込みます。
合わせ目消しは不要でした。ディテールラインとして活かします。


組み立ての前に、裏面をグレーで塗りました。
HGUC ガンダムMk-II ティターンズ(ガンダム,プラモデル)
こんな感じ。できました。
HGUC ガンダムMk-II ティターンズ(ガンダム,プラモデル)
足首にあたり関節部です。
2つのパーツを貼り合わせます。
HGUC ガンダムMk-II ティターンズ(ガンダム,プラモデル)
足へ。
HGUC ガンダムMk-II ティターンズ(ガンダム,プラモデル)
次、ひざ関節を組み立てていきます。
HGUC ガンダムMk-II ティターンズ(ガンダム,プラモデル)

HGUC ガンダムMk-II ティターンズ(ガンダム,プラモデル)

接合用のポリキャップを上下に合計2つ差し込みます。
HGUC ガンダムMk-II ティターンズ(ガンダム,プラモデル)
ポリキャップがずれないように気をつけて関節パーツを貼り合わせます。

合わせ目は消さずにいきます。
HGUC ガンダムMk-II ティターンズ(ガンダム,プラモデル)
並行して、ひざから下の部位も組み立てていきます。
HGUC ガンダムMk-II ティターンズ(ガンダム,プラモデル)
黄色パーツ。色分けされていますが、これだけでは完全な色分けになっていません。
そのことについては後述するとして、まずはくぼんだ底部分に黒を塗ります。

エナメルカラーのつや消し黒(フラットブラック)で。
HGUC ガンダムMk-II ティターンズ(ガンダム,プラモデル) 
まずはためしに、その黄色パーツを脚の裏からはめ込んでみます。
HGUC ガンダムMk-II ティターンズ(ガンダム,プラモデル)
・・・なんだか違和感。
黄色が足りません。

実は脚パーツのほうにも黄色にしなければならない箇所がありまして、
その部分へはシールもついていないので塗ることになりました。
HGUC ガンダムMk-II ティターンズ(ガンダム,プラモデル)
いったん黄色パーツをはずして、
指定箇所を黄色で塗ります。
発色を目立たせるためまず下地にエナメルカラーのホワイトを塗ってから、
水性ホビーカラー(アクリル塗料)を調合したガンダムイエロー、
今までの歴代ガンダムに使用してきた、余りの色ですが、それを塗りました。
HGUC ガンダムMk-II ティターンズ(ガンダム,プラモデル)
あらためて黄色パーツをつけます。
HGUC ガンダムMk-II ティターンズ(ガンダム,プラモデル)
それを脚フレームへ。
HGUC ガンダムMk-II ティターンズ(ガンダム,プラモデル)

HGUC ガンダムMk-II ティターンズ(ガンダム,プラモデル)

反対側。
こっち側の黄色はそのままで大丈夫。追加塗り作業はありません。
HGUC ガンダムMk-II ティターンズ(ガンダム,プラモデル)
これも脚フレームへ。
HGUC ガンダムMk-II ティターンズ(ガンダム,プラモデル)
次に、前後パーツを仕上げます。

裏面、ほぼ隠れるので目立ちませんが念のためグレーで塗っておきます。
HGUC ガンダムMk-II ティターンズ(ガンダム,プラモデル)
それを、脚フレームへ。
HGUC ガンダムMk-II ティターンズ(ガンダム,プラモデル)
後面も。
HGUC ガンダムMk-II ティターンズ(ガンダム,プラモデル)
ひざより上の関節部を組み立てます。
HGUC ガンダムMk-II ティターンズ(ガンダム,プラモデル)

HGUC ガンダムMk-II ティターンズ(ガンダム,プラモデル)

ポリキャップのはめ込み等はありません。

向きに注意。
HGUC ガンダムMk-II ティターンズ(ガンダム,プラモデル)
それを脚、ひざのとこへ。
HGUC ガンダムMk-II ティターンズ(ガンダム,プラモデル)
ここからは、太腿部。
HGUC ガンダムMk-II ティターンズ(ガンダム,プラモデル)
ひざより上のパーツは、をただ上から差し込むだけです。
HGUC ガンダムMk-II ティターンズ(ガンダム,プラモデル)
脚と胴体の付け根関節部。
ポリキャップを間にはさんで、・・・・
HGUC ガンダムMk-II ティターンズ(ガンダム,プラモデル)
合わせます。

合わせ目は、とりあえず消さずでいきました。
HGUC ガンダムMk-II ティターンズ(ガンダム,プラモデル)
脚の上端へ。
カチッと音がするまで押し込みます。
HGUC ガンダムMk-II ティターンズ(ガンダム,プラモデル)
最後に、足先パーツも接合。
HGUC ガンダムMk-II ティターンズ(ガンダム,プラモデル)
脚部の完成です。
もう片方の脚部も同じ要領で組み立てます。パーツ番号は違いますが手順は全く同じです。


次のページ
HGUC ガンダムMk-II ティターンズ(ガンダム,プラモデル)[5]胴体・下半身を組み立てる》


 
HGUC 1/144 ガンダムMk-II 新生ver.  全ページ一覧

HGUC ガンダムMk-II ティターンズ(ガンダム,プラモデル)[1]胴体・上》
HGUC ガンダムMk-II ティターンズ(ガンダム,プラモデル)[2]頭部》
HGUC ガンダムMk-II ティターンズ(ガンダム,プラモデル)[3]腕》
HGUC ガンダムMk-II ティターンズ(ガンダム,プラモデル)[4]脚部
HGUC ガンダムMk-II ティターンズ(ガンダム,プラモデル)[5]胴体・下》


    ↑↑↑このページの一番上へ↑↑↑

(C)SOTSU/SUNRISE/BANDAI
(C)2004〜 ガンプラ120%! all right reserved.