1/144プラモデル・HGUC ハンブラビの作例・製作レビュー。
gunpla120 hgucハンブラビ(ガンダム,プラモデル) HGUCハンブラビに関心のある方は
こちらのガンプラもみています→
HGUC ゼータガンダムHGUC リックディアス


スポンサードリンク


ガンプラ製作徹底解説
HGUC 1/144 ハンブラビの作り方

機動戦士Zガンダム 1/144 HGUC ハンブラビがやっと製品化されました。
ハンブラビ、祝・HGUCガンプラ化!
発売は、2012年8月。モビルアーマー好きの私としては予約しないわけにいかない。というわけで予約購入いたしました。
先にアッシマーを手がけていたため比較してしまうのはやむをえないですが、ハンブラビ、設定通りなので小ぶりです。
パーツをひととおりながめたところ、パーツの色が設定に近く、なかなかよかったので、今回も、塗装なしで製作しました。
ハンブラビ変形プロセスのページ>



スポンサードリンク


◆ハンブラビ DATA
型式番号 RX-139
生産形態 試作機
頭頂高  19.9m
本体重量 34.6t
全備重量 56.9t
出力   1540kW
推力   59800kg
センサー
有効半径 10020m
装甲材質 ガンダリウム合金

武装
腕部ビーム・ガン×2
背部ビーム砲×2
テールランス
ビーム・サーベル×2
腕部クロー×2
海ヘビ
フェダーインライフル
ビーム・ライフル

搭乗者
ヤザン・ゲーブル
ラムサス・ハサ
ダンケル・クーパー 他


<楽天広告より>
運営者natzは塗装しない場合の合わせ目消し仕上げにこのスーパーポリッシングクロスをつかっています 素組み無塗装での合わせ目はこれでほぼ完全に消せました

HGUC ハンブラビ 製作手順を掲載 いずれレビューも

箱の中身を見て、意外とパーツ数の少なさやそれ自体のサイズの小ささにおどろき。
こんなに簡単なんだ〜というイメージ。


でもこれ以上細かいと途中で飽きてきて投げ出してしまうかもしれない。ので私にはちょうどいいのかもしれません。


また箱には、ゼータを体感せよみたいなうたい文句でほんとうにハンブラビを堪能するためには3機つくれというようなほのめかしが。 クモの巣やれってか?




HGUCハンプラビ、塗装は必要?不要?


HGUCプラモデルなので色分けは完璧でした。
そして、そのパーツ自体の色も、さほど誤差がないように感じました。
やむなく色分けされていない箇所には同色のシールがあるので、ほぼ設定通りのカラーリングに仕上げられるかと思います。


なので私は今回、ほぼ塗装なしでいきました。
塗装をしたのは、シールで色合わせしている箇所。
まだ未着手ですがつや消しコーティングもいいと思います。


本格的な仕上げをしたい方には塗装は避けて通れないと思います。が、初心者や塗装ができない方でも十分なクオリティになれるんじゃないかな、と、思いました。


必要な工具は?

パーツはずしにニッパーと、
合わせ目消しに耐水ペーパー2種(320,1000)ハセガワポリッシングクロス
部分塗装に水性ホビーカラーを指定色分、これだけで製作しています。
運営者natzは塗装しない場合の合わせ目消し仕上げにこのスーパーポリッシングクロスをつかっています。素組み無塗装での合わせ目はこれでほぼ完全に消せました


■カテゴリー
ティターンズ
HGUC アッシマー
HGUC ギャプラン
HGUC ガブスレイ
HGUC ガンダムMkIIティターンズカラー

ネオジオン

HGUC キュベレイ


エゥーゴ
HGUC MSZ-006 ゼータガンダム
HGUC RMS-099 リックディアス(クワトロカラーVer)
HGUC ネモ ゼータVer.[MSA-003]
HGUC 百式
HGUC メタス

完成品レビュー



Front view
ほとんど塗装していません。モノアイはシール。



Rear view
ウイングの青いワンポイントはシールか、塗装。私は塗装で。



モビルアーマー形態



ライフルは長過ぎて、もたせるのに四苦八苦。
結局、撃つ構えができませんでした。



海ヘビ。


この「HGUC 1/144ハンブラビ作り方ページは、なるべく取扱説明書の順に
解説してありますが、効率化とかを考えて順序を変えてあるときもあります。

また、ガンプラの作り方は10人いれば10通りあるように、
この作り方がすべてではありません。

人によっては、この解説の中にも飛ばしていい項目もあれば、
足らない項目もあるはずです。

すべてを鵜呑みにせず、自分に合ったガンプラづくりを目指してください。




HGUC ハンブラビ 詳細な作り方

PHASE 0 HGUCハンブラビ パッケージ内容の確認、まずはパーツ一覧

hgucハンブラビ パーツ
青のパーツ。色は悪くない。というか、いい。
これが「塗装なしで行こう」ときめた理由。

hgucハンブラビ パーツ
白パーツ。腕や手、関節部分。
hgucハンブラビ パーツ赤、緑も色分けされてます。紺のパーツも塗装なしで行けそうです。 hgucハンブラビ パーツ
ライフルや背中、胴体内部パーツはダークグレーでパーツ色分け。ビームサーベルはクリアパーツ、シールは「やむなく塗装しなければならない箇所」を押さえてくれてます。さすが最新のガンプラ(2012年9月現在)
ひもみたいなのは、ウミヘビ用の導線。

hgucハンブラビ パーツ
ポリキャップは多め。
パーツ一覧です。
hgucハンブラビ パーツ ただいまパーツ洗浄中。

PHASE1 頭部 ていうかモノアイの部分の製作

hgucハンブラビ(ガンダム,プラモデル) 頭部といっても胴体と一体なので頭部という表現が正しいかどうか・・

表面パーツに、裏打ちする内部パーツ、この2つを合わせる構成です。
で、下準備として内部パーツにはモノアイシールを貼るのが2カ所、そして写真にある青い部分、ここにはシールを貼る、もしくは塗装をするように指示されていました。
私は胴体カラーをこの小さな部分のためだけに混ぜてつくり、塗装することに。まあ、量的には少量の調合ですみました。
hgucハンブラビ(ガンダム,プラモデル) 非常に小さい、モノアイシールを貼ります。この前にレール部分につや消し黒を塗りましたが大して変わらなかった。

十字が傾かないようにしなければならないし、小さいしずれるし、で、大変細かい作業でした。
hgucハンブラビ(ガンダム,プラモデル) 上から外側パーツをはめこみ。
このパーツは後で合わせ目消しがきますから今は塗装なくても大丈夫そうですが、裏側は塗装要。

私は今回本体塗装自体をしないことにしましたが、塗る方は今のうちに裏側塗りを。
hgucハンブラビ(ガンダム,プラモデル) 赤いパーツもさしこみ。
これも塗装なしでいきました。
hgucハンブラビ(ガンダム,プラモデル)

hgucハンブラビ(ガンダム,プラモデル)
腹にあたるパーツをくみたて。ポリキャップを中にはめこんで。
hgucハンブラビ(ガンダム,プラモデル) さっき組み立てたの裏側に、さしこみ。
hgucハンブラビ(ガンダム,プラモデル) こんな感じ。 スミ入れをしています。
hgucハンブラビ(ガンダム,プラモデル) つづいて裏側の組み立て。モノアイシールを貼るのですが、ここはモノアイがディテールとして存在しているので、塗装もできたかも。
hgucハンブラビ(ガンダム,プラモデル) 腕をはめ込む用ポリキャップを差し込んで・・
hgucハンブラビ(ガンダム,プラモデル)

hgucハンブラビ(ガンダム,プラモデル)
モノアイレール(黒いとこ)もシールありますが今回は塗装してます。
また本体カラーを塗装する場合はこの段階でやっとかないと大変厄介です
肩パットパーツを仕上げて・・・
hgucハンブラビ(ガンダム,プラモデル)

hgucハンブラビ(ガンダム,プラモデル)
差し込んで,裏側の本体パーツを接着。
この貼り合わせ面は、合わせ目消しがいります。のでしっかりとタミヤセメントを塗って。
hgucハンブラビ(ガンダム,プラモデル) 塗装なしでの合わせ目消しとして、HGUCジュアッグ製作のときに試行してうまくいった、ハセガワ・ポリッシングクロスでの仕上げてにて、合わせ目を消しました。

ペーパーがけとポリッシングクロスのみで合わせ目を消す方法>
hgucハンブラビ(ガンダム,プラモデル) 動力パイプ。はじめっからこの色なので塗装なしでいきます。エナメル系の黒でのスミ入れのみ。
hgucハンブラビ(ガンダム,プラモデル)

hgucハンブラビ(ガンダム,プラモデル)
それを背中→前の順番で差し込み。
hgucハンブラビ(ガンダム,プラモデル) ここまで、できました。
hgucハンブラビ(ガンダム,プラモデル)

hgucハンブラビ(ガンダム,プラモデル)
背中パーツ。
ポリキャップを4つはめこんで、胴体へ。翼用と、背中のライフル用の。
hgucハンブラビ(ガンダム,プラモデル)

hgucハンブラビ(ガンダム,プラモデル)
胴体へ差し込む前に一通りのスミ入れは行っています。
すべて塗装する場合は胴体へ差し込む前の段階で。
hgucハンブラビ(ガンダム,プラモデル) 背中に2門ある、ビームライフル。
エネルギー伝達用のパイプ(だとおもう)は先にスミ入れしてあります。
これらを組み立てますが、この部分合わせ目消しが必要でした。
hgucハンブラビ(ガンダム,プラモデル) 銃口を先端につけて、ライフルは完了。

塗装はしませんでしたが、スミ入れをしています。
hgucハンブラビ(ガンダム,プラモデル)
パイプを先につないでから、

hgucハンブラビ(ガンダム,プラモデル)
背中へ。
背中へとりつけ。

微々たる稼働はできますが、ガンキャノンスタイルにはならないようです。
hgucハンブラビ(ガンダム,プラモデル) ウイングバインダー。
部分的に本体色の塗装があります。
ここを塗装しない方用にシールがあります。

あと、筋になっている部分はすべてスミ入れ。
hgucハンブラビ(ガンダム,プラモデル) 胴体へ付けました。
hgucハンブラビ(ガンダム,プラモデル)

hgucハンブラビ(ガンダム,プラモデル)
ポリキャップをさしこむ
テールランスをくみたてます。

悩んだのが、パーティングラインとして消すべきなのか、ディテールとして残すべきなのかという、写真の部分。

ゲート跡もあるし、消したいんだけど、設定画像とかみると、このラインは活かせたほうがいいみたい。

なので、なかなか難易度高かったのですが、ラインを残すべくゲート跡のみを消しました。
hgucハンブラビ(ガンダム,プラモデル)

hgucハンブラビ(ガンダム,プラモデル)
2段目のパーツを製作。
合わせ目消しもしました。
hgucハンブラビ(ガンダム,プラモデル) 胴体へ。これで、上半身は完了。
hgucハンブラビ(ガンダム,プラモデル) MA形態にしてみました。

次は、腕を組み立てます。

NEXT 腕パーツの製作へ>>




    (C)SOTSU/SUNRISE/BANDAI 
(C)2004〜 ガンプラ120%! all right reserved.