gunpla120 素組み・未塗装でも合わせ目は仕上げたい。ペーパーがけとポリッシングクロスを仕上げに使った合わせ目を消す方法です。


スポンサードリンク





素組み未塗装で合わせ目を消す
仕上げ方法

今までの私の合わせ目消しは、ペーパーがけ後塗装することで仕上げてました。
しかし最近未塗装・素組みで仕上げる機会も多く、ペーパーがけの痕跡をどうしようか悩んでいました。
で、見つけた,ポリッシングクロスを用いて合わせ目を仕上げる方法です。


スポンサードリンク




未塗装・素組みで、ペーパーがけのみで合わせ目を消し仕上げる
ハセガワ ポリッシングクロスを使った仕上げ方法

昨今のガンプラは色分けがうまくできていて、未塗装・素組みでも十分な色分けができていて、塗装しない派・できない派に嬉しい作り方ができるようになってます。
とはいえ、できるならやっておきたい、合わせ目を消す作業。


瞬間接着剤やランナーパテを使っても、ペーパーがけで確かに消せます。が、どうしてもペーパーがけの痕跡ができてしまう。

その痕跡を除去する方法のひとつとして、ハセガワ・ポリッシングクロスを使って消す方法があります。

その方法を簡単にご紹介します。
あくまで一例ですので、ほかにもいろいろ方法はあるかと思います。

素組み合わせ目消し,プラモデル
これはHGUC ジュアッグ UCバージョンの腕パーツ。
320番ペーパーがけであらかた削った状況。
このあと600番で荒目をとりさらに1000番のペーパーがけを行い、さらに目をできるだけ細かくします。
最後に2000番のペーパーがけをします。

素組み合わせ目消し,プラモデル
最後の仕上げに、ハセガワ ポリッシングクロスを使い、磨き材使わずそのままふきふきして、
ペーパーがけ跡を除去。ちょっと力強い目に。

素組み合わせ目消し,プラモデル

合わせ目ごとペーパーがけ跡が消え、本来のパーツのようになじんでくれました。
ただ、ゲート跡などはわずかに残ってしまうようです。
また、タミヤセメントなどの接着剤での合わせ目消しの場合、色の濃いプラ素材には適しておらず、合わせ目が接着剤で白いスジになってしまうこともあるよでうす。



最近のガンプラはHGであっても色分けがほどよく行われていて、
塗装をしなくても十分なクオリティを保てる、
素組みに嬉しい製品になってきています。

クオリティをさらにあげるには塗装は避けてとおれませんが、
私はこの方法を用いて塗装をせずに仕上げているときもあります。



プラモデル
HGUC ハンブラビの脚パーツ。合わせ目をこれから消します。


320番のペーパーがけをして、はみでたセメントを削り取ったとこ。
この状態ではペーパーがけの跡が荒々しく残っています。
さらに1000番→2000番と細かいペーパーでならしていきます。

それでも完全には消えません。

,プラモデル
ポリッシングクロスで磨いたとこ。
ゲート跡の痕跡は残りましたが、
ペーパーがけ跡はきれいにきえてくれました。




使ったもの







スーパーポリッシングクロス (TT23)
by Amazon.co.jp



↑↑↑このページの一番上へ↑↑↑




    (C)SOTSU/SUNRISE/BANDAI 
(C)2004〜 ガンプラ120%! all right reserved.