gunpla120 モビルアーマー・エルメスに関心のある方は、こんなガンプラもみています→
 


スポンサードリンク



ガンプラ製作徹底解説
旧キット 1/550 エルメス(ララァ・スン専用モビルアーマー)の作り方

機動戦士ガンダム メカコレクションプラモデル、1/550モビルアーマー・エルメス。

ファン、てわけではないのだけど、かねてから手がけたいと思っていた、安室奈美恵カラーで作ってみました。
無改造でそのまま組み立てており、すべて筆塗りです。



スポンサードリンク


エルメス安室奈美恵,プラモデル,ガンダム
■モビルアーマー エルメス
ジオン公国軍宇宙用試作型モビルアーマー。小型ビーム砲台ビットを遠隔操作するオールレンジ攻撃を主体とした、ニュータイプ専用機。ホワイトベースでの呼称は「とんがり帽子」。機動戦士ガンダム第39〜41話に登場。
写真のピンク色のエルメスは本編に登場せず、安室奈美恵のPV「Defend love」にて登場。

◆DATA
全高    47.7m
全長    85.4m
本体重量  163.7t
全備重量  291.4t
出力    14,200kw
推力    645,200kg
センサー
有効半径  245,000m
装甲材質  超硬スチール合金
武装
メガ粒子砲×2
ビット×10〜12

搭乗者 ララァ・スン
安室奈美恵(Defend Love のPVにて。劇中では未登場)


<楽天広告より>
ピンクエルメスが登場するPVはこの中の「Defend Love」という曲

1/550 旧キット・ララァ・スン専用モビルアーマー エルメス の製作の手順です

ジオン軍の、ニュータイプ専用モビルアーマー、エルメス。
このガンプラは「ララァ・スン専用モビルアーマー」、という名称で1/550で発売されました。一番はじめに発売された箱にはちゃんと「エメルス」という名で記載されていましたが、商標上の問題から急遽「ララァ・スン専用モビルアーマー」となったという経緯があります。


なので、今「エルメス」の箱絵ガンプラがあったとしたら大変な価値じゃないのかなと、思われます。


実は私この「エルメス」表記のプラモデルを買っていました。
しかし、当時中2の私にはブランドとしてのエルメスが何なのかすら知る由もなく、また、名称が「ララァ・スン専用〜」となった理由も、希少価値のことも予測すらもできず、普通に組み立てていました。





では、製作のお話に入ります。
年に数回、再販をしているようで、今回もその際に入手致しました。


なぜこのエルメスがピンクなのかと申しますと、

安室奈美恵の「Defend Love」という曲のプロモーションビデオの中で、アニメ描写された安室奈美恵が、アムロ・レイと出会い、RX-78-2ガンダムvs安室の乗るモビルアーマー・エルメスのバトルシーンがあり、そのときのエルメスが、このピンクです。
アムロと「安室」のコラボ企画でした。もちろん古谷徹さんもCV出演。


そのピンクエルメスが一時期話題になりまして、今回の作成はララァの緑じゃなくピンクで、といういきさつとなりました。


ただ、基本的に組み立て過程はかわりません。

完成写真

エルメス安室奈美恵,プラモデル,ガンダム
正面。

エルメス安室奈美恵,プラモデル,ガンダム
下の部分。着陸ギアは、格納している、飛行状態との2択です。
今回は着陸形態で製作。

エルメス安室奈美恵,プラモデル,ガンダム
後部のビット射出口はモールド表現のみで開閉はありません。

エルメス安室奈美恵,プラモデル,ガンダム
横。

この「1/550ララァ・スン専用モビルアーマー・エルメス」作り方ページは、なるべく取扱説明書の順に
解説してありますが、効率化とかを考えて順序を変えてあるときもあります。

また、
ガンプラの作り方は10人いれば10通りあるように、
この作り方がすべてではありません。

人によっては、この解説の中にも飛ばしていい項目もあれば、
足らない項目もあるはずです。

すべてを鵜呑みにせず、自分に合ったガンプラづくりを目指してください。


使ったもの
ニッパー、タミヤセメント、ハセガワポリッシングクロス、耐水ペーパー320番、1000番、2000番、筆極細、中平筆、大平筆

塗装:水性ホビーカラー・・・ピンク/モンザレッド/RLM74グレー/つや消し黒/バイオレット/イエロー/オレンジイエロー/フラットベース/半光沢クリアー(クリアーにフラットベースを混ぜたもの)
タミヤエナメルカラー・・・つや消し黒/グレー(下地用)/クリアー


(スプラウトイ)


■カテゴリー
HGUC RX-78-2 ガンダム
HGUC MS-14sシャア専用ゲルググ
1/1200 戦艦マゼラン
1/1200 サラミス
1/2400 ホワイトベース
1/144コア・ブースター


1/550 ビグロ
1/250 ザクレロ
1/550 ビグザム
1/550 エルメス
1/550 グラブロ


PHASE 0 パッケージ内容の確認、ランナーおよびパーツ洗浄

スマホでご覧の方へ
右に解説文ありますのであわせてご覧ください。
1/550エルメス パーツ
(クリックで拡大表示します)


パーツ一覧です。
案外シンプルな組み立て構造。ビットがついてますが、後部への格納機構はありません。
1/550ゲルググ付き。
片腕を破壊され、エルメス後部のとんがりにつかまって撤退するシーンが再現できます。
1/550エルメス パーツ


開封したらまずパーツ洗浄
を施します。

PHASE 1 本体を組み立てる

1/550エルメス,ガンダム,プラモデル

1/550エルメス,ガンダム,プラモデル


まず胴体の中核となるパーツの組み立てから。
筒状のものは、本体装備のメガ粒子砲が差し込まれるパーツ。

これを左右差し込んで、貼り合わせ。


合わせ目消しがありますが、下部の平らな部分以外は隠れます。
1/550エルメス,ガンダム,プラモデル


胴体色で塗装。

説明書にはエメラルドグリーンで色指定されていますが、

今回は安室奈美恵カラーで組み立てています。

ピンクに、少し赤を混ぜたものを塗装。
私の家ではベランダですらスプレー系のものの使用ができなくなってしまいましたので、筆塗り用サーフェイサーとしてエナメル系つや消しグレーを塗って代用しました。

その上からのピンク塗装は、完全に下地グレーが隠れてくれるまで何度も重ね塗りが必要でした。

1/550エルメス,ガンダム,プラモデル


後ろの、ビット発射口にあたるもの。

今回は水性ホビーカラーのRLM74グレーを使い塗りました。
スミ入れはエナメル系の黒を使用。

時折、「どうしてスミ入れはエナメル塗料を使うのですか」という質問がきますが、答えは、ベース色がアクリル塗料やラッカー塗料の場合、属性をエナメルに替えることで溶け出しとかがないから、ミゾへの流し込みがラクだから、はみ出た部分の修正が簡単だから、ついでにウォッシングとかできるから、といったとこでしょうか。


1/550エルメス,ガンダム,プラモデル


後ろへ接着。
ぴったりはまらずキツかったので、少しずつグレー側をペーパーを使い削りながら、はめこみました。

強引に押し込むと、本体側の接着&せっかく消した合わせ目がパキっと割れそうです。たぶん割れます。
1/550エルメス,ガンダム,プラモデル


先っぽのパーツ。
組み立ての前にエルメスピンク(以下もそう記載します)で塗装。
1/550エルメス,ガンダム,プラモデル


組み立てます。
1/550エルメス,ガンダム,プラモデル

1/550エルメス,ガンダム,プラモデル
まっすぐ中央に位置できているかをよく確認します


そして胴体へ。
1/550エルメス,ガンダム,プラモデル


両脇の、インテークっぽい部分。

色分けが手間ですがこんなふうに塗装。
1/550エルメス,ガンダム,プラモデル


で、貼付けますが、
2つの接合用の穴と突起がありますが、ここ、きつくて合いませんでしたから大きく広げました。
1/550エルメス,ガンダム,プラモデル


・・・こんな感じ。
1/550エルメス,ガンダム,プラモデル

1/550エルメス,ガンダム,プラモデル


ランディングギアですが、このようにパーティングラインがありますのですべてペーパーがけで消します。

飛行形態にする場合はこの過程はなし。
1/550エルメス,ガンダム,プラモデル


塗装は、さっき使ったのと同じグレーでしました。
1/550エルメス,ガンダム,プラモデル


接着します。
1/550エルメス,ガンダム,プラモデル

1/550エルメス,ガンダム,プラモデル


動力部。左右、2こ組み立てます。

で、エルメスピンクで塗装。
1/550エルメス,ガンダム,プラモデル

1/550エルメス,ガンダム,プラモデル


その両端パーツ。
外側をエルメスピンク、内側をグレー、
スリットの奥はエナメル系のつや消し黒。でそれぞれ塗装。
1/550エルメス,ガンダム,プラモデル

1/550エルメス,ガンダム,プラモデル
飛行形態にする場合は、ギアの接着はなしで。


組み立て。

4本のスジがある側が後ろになります。

ページを分けます。

NEXT 本体の組み立てその2》




↑↑↑このページの一番上へ↑↑↑

    (C)SOTSU/SUNRISE/BANDAI 
(C)2004〜 ガンプラ120%! all right reserved.