ガンプラの作り方・製作

旧キットプラモデル グラブロの作り方・製作に関心のある方はこちらのガンプラも見ています
ガンプラ(ガンダム プラモデル)製作の行程・手順を徹底的に細かく掲載しています




ガンプラ製作徹底解説 旧キット 1/550 グラブロ の作り方

機動戦士ガンダム 1/550スケール・プラモデルとして第一次ガンプラブームのさなかに発売されたモビルアーマー・シリーズのひとつ、1/550 グラブロを製作いたします。




スポンサードリンク

グラブロ
ジオン公国軍水中用モビルアーマー。機動戦士ガンダム第28話に登場。RX-78-2ガンダムとの対戦にて破れ撃破。劇場版ではガンペリーによる洋上からの攻撃によりミサイル被弾にて撃破された。

◆DATA
機体番号:MAM-07
全高  :26.1m
本体重量:324.1t
全備重量:739.7t
出力  :11,000kw
装甲材質: 超硬スチール合金

武装:
7連装噴進魚雷発射管×2
対空ミサイルランチャー×2
グラブロクロー×2

搭乗者
フラナガン・ブーン









1/550 MAM-07 旧キット・グラブロ の作り方、制作手順です



箱絵



水中戦用モビルアーマー、MAM-07グラブロ。1/550スケールで1980年代にプラモデル化、発売されました。

当時はひととおりモビルスーツの製品化が進行し、しかも出せば売れるという空前のガンプラブームでもあったので、
登場する兵器はては輸送機までとにかくだせ、の状態。

そんな中当時もっとも期待が高かったと思います。モビルアーマー群。

そのひとつが今回掲載するグラブロです。

なんてったってモビルアーマーは組み立てが比較的簡単。
しかし塗装面積が広く筆塗り中心の私にはつらかったです。





この「1/550グラブロ」作り方ページは、なるべく取扱説明書の順に
解説してありますが、効率化とかを考えて順序を変えてあるときもあります。

また、
ガンプラの作り方は10人いれば10通りあるように、
この作り方がすべてではありません。

人によっては、この解説の中にも飛ばしていい項目もあれば、
足らない項目もあるはずです。

すべてを鵜呑みにせず、自分に合ったガンプラづくりを目指してください。









関連ガンプラ

1/550ビグロ(ガンダム,プラモデル)1/550 ビグロ
1/550ザクレロ(ガンダム,プラモデル)1/250 ザクレロ
1/550ビグザム(ガンダム,プラモデル)1/550 ビグザム
1/550エルメス(ガンダム,プラモデル)1/550 エルメス
1/550ブラウ・ブロ



PHASE 0 1/550グラブロ パッケージ内容の確認、ランナーおよびパーツ洗浄

1/550グラブロ,ガンダム,プラモデル
(クリックで拡大します)

これが1/550グラブロのパーツ一覧。
1/550グラブロ,ガンダム,プラモデル


開封したらまずパーツ洗浄
を施します。
PHASE 1 クローアーム の組み立て
1/550グラブロ,ガンダム,プラモデル


ガンダムの脚を自切させた(しかしそれが敗因となった)クローアーム部分。
ベロウズリムと呼ばれる、(蛇腹部分)は固定されています。

このように、2このパーツを貼り合わせて、合わせ目を消すだけ。
1/550グラブロ,ガンダム,プラモデル


塗ります。
色は、アッガイのときに使用した薄い方のブラウンの残り、
ウッドブラウン40%+レッドブラウン40%+ホワイト20%。
さらに、黄色を少々まぜたものを使用しました。
1/550グラブロ,ガンダム,プラモデル

1/550グラブロ,ガンダム,プラモデル

1/550グラブロ,ガンダム,プラモデル
これもブラウンで塗ります。


クローとアームをつなぎます。
このパーツはアーム部分で、組み立てると隙間から裏がのぞけるので、裏を黒で塗り、それから、アームに接着。
合わせ目は消します。
1/550グラブロ,ガンダム,プラモデル

1/550グラブロ,ガンダム,プラモデル

1/550グラブロ,ガンダム,プラモデル
爪のスミ入れはスジが浅くてやりにくかったです


クロー部分を組み立てます。
1/550では価格帯とのバランスであまり細かくパーツ分けできないのは仕方ない。
このグラブロ・クローも旧キット・ズゴックやビグロのように選択・固定式。
同じブラウンで塗装して、爪を3対、ひらいた状態のと、閉じた状態のとの2択で接着。

1/550グラブロ,ガンダム,プラモデル


クローの付け根にあたる部分。
みどりっぽいらしいので、タミヤ水性アクリルカラーの「コクピット色」を使用して塗りました。

逆光でちょっとわかりにくいかな。
1/550グラブロ,ガンダム,プラモデル

1/550グラブロ,ガンダム,プラモデル


リング状のパーツにクローを差し込んで、
裏ブタをするような感じで留め具パーツ(一番右のまるいの)を接着します。

これにより、クローは回転稼働できる構造。接着したので当然ながらツメ自体は動きません。
1/550グラブロ,ガンダム,プラモデル


アーム部へ接着です。
このときに回転構造部に接着剤がうっかりついてしまわないように注意。
1/550グラブロ,ガンダム,プラモデル
1/550グラブロ・クローアームが完成です。
(クリックで拡大)







つぎ、 胴体部を組み立てて完成》






1/550グラブロ 解説ページ一覧

[1]クローアーム》
[2]胴体》
    (C)SOTSU/SUNRISE/BANDAI 
(C)2004〜 ガンプラ120%! all right reserved.