ガンプラの作り方・製作

HGUCプラモデル ガンダムMkIIの作り方・製作に関心のある方はこちらのガンプラも見ています
HGUC ゼータガンダム(ガンダム,プラモデル)HGUC リックディアス(ガンダム,プラモデル)HGUC アッシマー(ガンダム,プラモデル)HGUC メッサーラ(ガンダム,プラモデル)
ガンプラ(ガンダム プラモデル)製作の行程・手順を徹底的に細かく掲載しています




ガンプラ製作徹底解説 HGUC 1/144 RX-178ガンダムMkII +フライングアーマー 
の作り方

機動戦士Zガンダム  1/144スケールプラモデル
HGUC ガンダムMkII(RX-178)の作り方・製作手順を細かく掲載します。

新生 REVIVEバージョンではなく、初発もの。


私が購入したのは、フライングアーマー付属モデル。
しかしガンダムMK-II自体は同一のものだと思います。




スポンサードリンク
(photo準備中)
■ガンダムMkII解説(引用です)
《機動戦士Zガンダム登場 AEUGで運用されるモビルスーツ。
開発はティターンズで、黒が基調だった。カミーユ・ビダンやエマ・シーンの謀反により建造機体3機すべて奪取されAEUGに渡り、3号機が白く塗り替えられ運用されることとなる。
パイロットは、主にカミーユ・ビダン。 クワトロ・バジーナの名を駆るシャア・アズナブルも一度だけ劇中にガンダムMK-IIに搭乗、自機でもある赤いリック・ディアスをなりゆきから撃破している。シャアがガンダムを操る貴重なエピソードとなった》
◆DATA
型式番号  RX-178
所属・建造 ティターンズ
頭頂高   18.5m
本体重量  33.4t
全備重量  54.1
出力    1930kW
推力    20300kg
装甲材質  ルナチタニウム合金

武装
頭部バルカン・ポッド
ビーム・サーベル×2
ビーム・ライフル
ハイパー・バズーカ
シールド
拳部マルチプル・ディスチャージャー×2
ミサイル・ランチャー(劇場版『Ζ』)
ロング・ライフル(劇場版『Ζ』)
主な搭乗者
カミーユ・ビダン、エマ・シーン、エル・ビアンノ(ZZ)



(こちらは新生バージョン)

HGUC 1/144 ガンダムMk-IIの作り方


HGUC ガンダムMK-II+フライングアーマー の発売日は、2005年。
そして、2015年に新生REVIVEモデルとしてリファインされたガンダムMK-IIが発売されたわけですが、
そちらは後ほど作成・掲載するとして、

このページでは、初発製品であるガンダムMK-II、フライングアーマーセットの製品を製作・掲載いたします。


基本的に塗装なし、ですが、
ライフル、バズーカ、など塗らねばならないものもありました。
合わせ目消しもあります。
でもボディカラーの白、胸部の濃紺、赤、黄色はパーツの地色を活用しています。


スミ入れは0.03コピックペンライトグレーとブラックを使い、
こぶしなど入り組んだところへはハケタイプのエナメルスミ入れカラーを使いました。
最後に全体をつや消しクリアーで塗りました。


関連ガンプラ
エゥーゴ
HGUC ゼータガンダム(ガンダム,プラモデル)HGUC ゼータガンダム[MSZ-006]
HGUC リックディアス(ガンダム,プラモデル)HGUC リックディアス(クワトロカラーVer)[RMS-099]
HGUC ネモ(ガンダム,プラモデル)HGUC ネモ ゼータVer.[MSA-003]

ティターンズ
HGUC アッシマー(ガンダム,プラモデル)HGUC アッシマー[NRX-044]
HGUC ハンブラビ(ガンダム,プラモデル)HGUC ハンブラビ[RX-139]

ティターンズ(ジュピトリス)
HGUC メッサーラ(ガンダム,プラモデル)HGUC メッサーラ[PMX-000]

ネオジオン
HGUC キュベレイ[AMX-004]


HGUC 1/144 ガンダムMkII 完成画像(は準備中)





この「HGUC 1/144ガンダムMkII」作り方ページは、なるべく取扱説明書の順に
解説してありますが、効率化とかを考えて順序を変えてあるときもあります。

また、ガンプラの作り方は10人いれば10通りあるように、
この作り方がすべてではありません。

人によっては、この解説の中にも飛ばしていい項目もあれば、
足らない項目もあるはずです。

すべてを鵜呑みにせず、自分に合ったガンプラづくりを目指してください。



1/144HGUC ガンダムMkII  作り方・製作開始

スマホで見ている方へ
隠れている右側に解説文があります。
パーツ一覧
HGUC ガンダムMkII(ガンダム,プラモデル)
A
HGUC ガンダムMkII(ガンダム,プラモデル)
B
HGUC ガンダムMkII(ガンダム,プラモデル)
C
HGUC ガンダムMkII(ガンダム,プラモデル)
H
HGUC ガンダムMkII(ガンダム,プラモデル)
I
HGUC ガンダムMkII(ガンダム,プラモデル)
J
HGUC ガンダムMkII(ガンダム,プラモデル)
ポリキャップ、シール、塩ビパイプ



パーツの一覧です。
ABCがガンダムMk-II、HIJがフライングアーマー。
phase 01 頭部の作り方
HGUC ガンダムMkII(ガンダム,プラモデル)

HGUC ガンダムMkII(ガンダム,プラモデル)

説明書ではまずフライングアーマーの組み立てが掲載されていますが、
ページの都合から先に頭部の組み立てを掲載します。

これは、スミ入れをしているところ。
筆付きのタミヤ墨入れ用カラーを使用しています。

目のまわりのくまどり部分は黒一色なのですが、
スミ入れの要領だと面塗りをしてくれないので、
オナジエナメルカラーで別塗りをしました。

はみでた部分はあとで消します。


なお、目はシールも付属されています。
HGUC ガンダムMkII(ガンダム,プラモデル)
目を塗っています。
水性ホビーカラー、クリアーグリーンを使用しています。
HGUC ガンダムMkII(ガンダム,プラモデル)
前と後ろのカメラ部分。
シールもついていますが、貼り合わせる前の今のほうが塗りやすいです。

しかし合わせ目は残ってしまう・・・
HGUC ガンダムMkII(ガンダム,プラモデル)
赤いアゴ。
裏面から差し込みます。
HGUC ガンダムMkII(ガンダム,プラモデル)
とくに必要性はないかもしれませんが、底面、グレーで塗りました。
HGUC ガンダムMkII(ガンダム,プラモデル)
四角い穴群をスミ入れ中。
スミ入れには、コピックマーカー 0.03超極細を使用しています。
ディテールラインにはグレー、穴と思わしき部分には黒を使っています。
HGUC ガンダムMkII(ガンダム,プラモデル)

HGUC ガンダムMkII(ガンダム,プラモデル)

顔パーツをはさむようにして、頭部の外側を組み立てます。
HGUC ガンダムMkII(ガンダム,プラモデル)
とさかの合わせ目は、消します。
後頭部はラインとして残します。

写真には写ってませんが帽子の鍔部分も、合わせ目があります。

この合わせ目はペーパーがけを320番→600番→1000番→2000番と行った後、ハセガワ・ポリッシングクロスのから拭きで完全にペーパーがけ跡を消してならしました。


スーパーポリッシングクロス (TT23)
合わせ目を消したあとの「ペーパーがけ跡」これを完全に消すために、使っている布です。
この布と出会ってから、無塗装で組み立てる機会が倍に増えました。


 
HGUC ガンダムMkII(ガンダム,プラモデル)
カメラのとこ、
付属シールを貼る場合は頭部を貼りあわせてから。

 HGUC ガンダムMkII(ガンダム,プラモデル)
額のアンテナ。
HG系ガンプラ恒例の、先端トガリ防止策があります。
ここ、ペーパーがけで削り取り、尖らせました。
ここや他の突起も、完成したら小さいお子さんのおもちゃになる可能性があるのならしないほうがよろしいかと思います。ケガします。
HGUC ガンダムMkII(ガンダム,プラモデル)
Vアンテナをひたいへ差し込みます。
ななめにならないよう・・・
HGUC ガンダムMkII(ガンダム,プラモデル)
真ん中の赤いのも付けます。

これ、外れやすいので接着でもいいかも。
HGUC ガンダムMkII(ガンダム,プラモデル)
Vアンテナはもっと先端を尖らせてもいいかもと思いましたが、頭部完成です。

こうしてみるとほとんど前のガンダム(RX-78-2)と何ら変わらないようにみえますが、

四角い穴群の数とバルカン砲外付けと、目の下の赤いクマドリの無いのが異なる点です。






つぎのページ 胴体・上半身を組み立てる》
全力でページ作成中。。。


      ↑↑↑このページの一番上へ↑↑↑


HGUC RX-178ガンダムMk-II ページ一覧(リンクのないのは掲載待ちです。て全部やないかい)
[1]頭部(ここ)   [2]胴体・上半分》  [3]腕》  [4] 脚》  [5]胴体・下》  [6]武器など》  [7]フライングアーマー》


    (C)SOTSU/SUNRISE/BANDAI 
(C)2004〜 ガンプラ120%! all right reserved.