gunpla120 HGUCジュアッグ ユニコーンver.に関心のある方は、こんなガンプラもみています。
旧キット 1/144アッグRX-0 ユニコーンガンダム ユニコーンモードHGUC ローゼン・ズール


スポンサードリンク




ガンプラ製作徹底解説

HGUC MSM-04G ジュアッグの作り方

機動戦士ガンダムUC エピソード4に登場したバージョンの、HGUC 1/144プラモデルジュアッグ UC ver.です。

旧プラモデルとしてジュアッグが発売されたのは、ジャブロー攻略4兄弟MS(アッグ、ジュアッグ、アッグガイ、ゾゴック)とほぼ同期だった記憶があります。

今回のはHGUCで2012年3月30日に発売されたジュアッグ。

今回は、パーツの色をそのまま活かすようにして、なるべく塗装をしない組み立て方をしました。



スポンサードリンク



HGUCジュアッグ(ガンダム,プラモデル)
◆ジュアッグDATA
型式番号 MSM-04G
所属   ジオン公国軍
生産形態 試作機
頭頂高  17.4m
本体重量 137.3t
全備重量 198.7t
出力   2,660Kw
推力   97,900kg

武装
320mm3連装ロケットランチャー
メガ粒子砲



HGUC ジュアッグ ユニコーンver. の製作の手順です

今回待望のHGUC化となった、MSM-04G ジュアッグは、ユニコーンバージョン、という肩書きがつけられてます。
登場したのはエピソード4。


冒頭でガランシェールの大気圏突入から目をそらせるための陽動作戦としてほんの数分だけの活躍だったにもかかわらず、
かなりの存在感を出しておりました。
HGUCジュアッグ(ガンダム,プラモデル) 前からの写真。
基本色のパーツ色分けは完璧でした。
この写真、メガ粒子砲の赤い部分以外、未塗装。
モノアイはシール、また赤い部分もシールが用意されてます。

肩アーマーと腕、脚のジャバラ、この部分に合わせ目は消す必要がありました。
今回はポリッシングクロスで表面をなめらかにして合わせ目消し後のペーパーがけ跡をめだたなくする処理で塗装を省略しています。
HGUCジュアッグ(ガンダム,プラモデル) 後ろ。
HGUCジュアッグ(ガンダム,プラモデル) 塗装した箇所、メガ粒子砲。
ここの赤はシールが付属されています。が、丸いとこへ半円ずつ2枚のシールを貼るので、すきまができたり逆に重ねてしまったり、といった副作用もありそう。で、貼らずに塗装にしました。
HGUCジュアッグ(ガンダム,プラモデル) グレー部分も塗装にしました。
ミサイルの発射口の中も、グレーで塗装。
指先のミサイル部に3つ、ここはシールもありましたが、統一感をもたせるために塗装でいきました。

使ったもの
ニッパー、タミヤセメント、ハセガワポリッシングクロス、耐水ペーパー320番、1000番、2000番、筆極細、中平筆、大平筆


HGUC ジュアッグ 塗装カラー
本体・頭部など黄色・・・イエロー45%+カーキ40%+ホワイト10%+オレンジイエロー5%(ミドルストーン100%で代用できるという説もあり)
本体・胴体茶色部・・ココアブラウン95%+ブラック5%
本体・胴体白部・・・ホワイト80%+ニュートラルグレー20%
脚部などグレー部・・ニュートラルグレー60%+ブラック40%
メガ粒子砲口赤部・・モンザレッド100%+ブラック少量
モノアイ・ピンク100%

ちなみに今回私は 塗装した部位は、メガ粒子砲口の赤いところと、バックパックの一部と、一部のグレー部。
ボディ色をそのまま活かし、塗装は行っておりません。
メガ粒子砲のとこはシールがありますが使用せず塗装しました。


素組みに近い状態です。


用意した水性ホビーカラーまとめ
イエロー  カーキ  ホワイト  オレンジイエロー  ココアブラウン
ブラック  ニュートラルグレー  モンザレッド  ピンク

用意したその他のカラーまとめ
タミヤエナメルカラー・フラットブラック ライトグレー(下地用)



この「HGUC 1/144ジュアッグ」作り方ページは、なるべく取扱説明書の順に
解説してありますが、効率化とかを考えて順序を変えてあるときもあります。

また、
ガンプラの作り方は10人いれば10通りあるように、
この作り方がすべてではありません。

人によっては、この解説の中にも飛ばしていい項目もあれば、
足らない項目もあるはずです。

すべてを鵜呑みにせず、自分に合ったガンプラづくりを目指してください。



1/144HGUC ジュアッグ ユニコーンver. 製作 開始
PHASE 0 パッケージ内容の確認、ランナーおよびパーツ洗浄

HGUCジュアッグ(ガンダム,プラモデル)

HGUCジュアッグ(ガンダム,プラモデル)

HGUCジュアッグ(ガンダム,プラモデル)

HGUCジュアッグ(ガンダム,プラモデル)

HGUCジュアッグ(ガンダム,プラモデル)

HGUCジュアッグ(ガンダム,プラモデル)


パーツ一覧です。
HGUCジュアッグ(ガンダム,プラモデル) 欠品・破損なし、を確認。
HGUCジュアッグ(ガンダム,プラモデル) 開封したらまずパーツ洗浄
を施します。

PHASE 1 頭部ユニットの組み立て

HGUCジュアッグ(ガンダム,プラモデル)

HGUCジュアッグ(ガンダム,プラモデル)
私はつや消しクリアーのみ塗装しています。
説明書の通りだと、最初に組み立てる部位は頭。
”象の鼻”部分を組み立てます。

これらのパーツは、裏面を黒で塗装しています。この方が連結部の隙間をより暗くみせることができるため。

表側は説明書によると「ホワイト80%+ニュートラルグレ−20%」とあります。
私はこの白パーツは塗装をおこなっていません。水性ホビーカラーのツヤ消しクリアーを塗るにとどめておいてます。
HGUCジュアッグ(ガンダム,プラモデル)

HGUCジュアッグ(ガンダム,プラモデル)
同封されていた、リード線を均等に半分におりまげて、2つの穴へくぐらせて通していきます。

鼻パーツは5こありますがこれすべて通します。

通すパーツ順番がきめられています。間違ったらへんになるので気づくかとおもいます。
HGUCジュアッグ(ガンダム,プラモデル) 末端のパーツには、このようにつや消し黒を塗装しました。
HGUCジュアッグ(ガンダム,プラモデル) 頭部の下半分です。
今回は塗装しませんでしたが、塗装の場合はこの段階で指定色のホワイトで塗装です。
あとスミ入れ。エナメル系フラットブラックで。
HGUCジュアッグ(ガンダム,プラモデル)

HGUCジュアッグ(ガンダム,プラモデル)
そこそこきついめにひっぱって。
鼻パーツの残りのリード線を、頭パーツの内部に巻き付け固定します。

気をつける点は、ゆるゆるに巻いてしまうと、鼻パーツがのびてだらーんとなってしまうとこ。
HGUCジュアッグ(ガンダム,プラモデル) 巻き付け完了。
HGUCジュアッグ(ガンダム,プラモデル) このグレーパーツは、巻き付けたリード線を固定する役割も兼ねています。
HGUCジュアッグ(ガンダム,プラモデル) つぎ、先端の鼻っ面パーツです。

このパーツも今回塗装なしでいくことにしました。
半分はこのあとに差し込むパーツで隠れるのですが、底面にあたる部分、ここだけ隠れないので合わせ目消しが必要でした。

パーティングラインや合わせ目を消す
HGUCジュアッグ(ガンダム,プラモデル) ポリキャップパーツを挟むのを忘れないように、組み立て。
HGUCジュアッグ(ガンダム,プラモデル) 本体色のほかに、グレー塗装と、スミ入れとがあります。
グレーの塗装はシールもありました。今回は塗装でいきました。
HGUCジュアッグ(ガンダム,プラモデル) 差し込んで完了。
HGUCジュアッグ(ガンダム,プラモデル) 両サイドの丸い内部は指定色のグレーを塗装しました。
HGUCジュアッグ(ガンダム,プラモデル) 鼻ツラパーツを差し込みます。ポリキャップで接合されます。
HGUCジュアッグ(ガンダム,プラモデル) ここまで、できました。
HGUCジュアッグ(ガンダム,プラモデル) ポリキャップパーツを1こ、中にはめこみ。

これ忘れやすいです注意。
HGUCジュアッグ(ガンダム,プラモデル) モノアイ部です。
モノアイはシールを使いました。

塗装の場合はピンク100%。
いわずもがな下地塗り必要です。
HGUCジュアッグ(ガンダム,プラモデル) モノアイ部をはめこみます。
稼働しますので接着なし。
HGUCジュアッグ(ガンダム,プラモデル)

HGUCジュアッグ(ガンダム,プラモデル)
かわって、頭上半分のパーツ。
モノアイシールド(透明なフィルム状のもの)を内側からはめこみます。
HGUCジュアッグ(ガンダム,プラモデル) 接着剤は一切使わず。
HGUCジュアッグ(ガンダム,プラモデル)

HGUCジュアッグ(ガンダム,プラモデル)
面取りも軽く行いました
上と下をはりあわせ。
接着剤は突起部だけでOK。合わせ目は消しません。
HGUCジュアッグ(ガンダム,プラモデル) ラスト。頭の色分けパーツ。
ちょっといびつになってたので、ペーパーがけ&ポリッシングクロスがけでゲート処理とともに消しました。
HGUCジュアッグ(ガンダム,プラモデル) 突起部だけに接着剤を塗って、差し込み。
HGUCジュアッグ(ガンダム,プラモデル) 頭部が完成です。
HGUCジュアッグ(ガンダム,プラモデル) このレバーを左右に動かすと、モノアイが稼働する仕組み。

次のページでは胴体・上半身を作成します。


NEXT 胴体・上半身>



    (C)SOTSU/SUNRISE/BANDAI 
(C)2004〜 ガンプラ120%! all right reserved.