ガンプラの作り方・製作

HGUCプラモデル シナンジュの作り方・製作に関心のある方はこちらのガンプラも見ています
RX-0 ユニコーンガンダム ユニコーンモードHGUC ローゼン・ズール
ガンプラ(ガンダム プラモデル)製作の行程・手順を徹底的に細かく掲載しています




ガンプラ製作徹底解説 HGUC 1/144 シナンジュ の作り方

機動戦士ガンダムUC  1/144スケールプラモデル
HGUC シナンジュ(MSN-06S)の製作手順を細かく掲載します。

塗装なし、スミ入れとつや消しクリアー塗りで製作を行います。



スポンサードリンク
HGUC シナンジュ (ガンダム,プラモデル)
■シナンジュ
《機動戦士ガンダムUC(ユニコーン)登場 ネオ・ジオン「袖付き」のフル・フロンタル専用機。もともとはテスト機であったが、搬送中にネオ・ジオン残党に強奪された(というアルベルトの談)
サイコフレームを採用しているがサイコミュ兵器の装備がなく、最低限の武装しかなかったため評価は低かったがフル・フロンタルの突出した身体能力によりその性能がフルに発揮された。
機体番号のMSN-06Sは、ザクII士官機(いわゆるシャア専用ザク)のMS-06Sのオマージュともとれる》

◆DATA
形式番号  MSN-06S
全高    22.6m
重量    25.2t
出力    3,240kW
推力    128,600kg
センサー 有効半径 23,600m
装甲材質  ガンダリウム合金

武装
60mmバルカン砲×2
ビーム・ライフル×1
ビーム・サーベル×2
ビーム・アックス×2
グレネード・ランチャー×1
シールド×1

搭乗者   フル・フロンタル




送料無料を狙えば通販のほうが安いときもあります

赤いモビルスーツ、MSN-06S シナンジュ

HGUCシャトリヤのときも無塗装でしたが、今回のシナンジュもパーツ色がいい感じだったので無塗装でいきます。
追加で部分塗装はあるやもしれません。








■関連ページ
この「HGUC 1/144シナンジュ」作り方ページは、なるべく取扱説明書の順に
解説してありますが、効率化とかを考えて順序を変えてあるときもあります。

また、ガンプラの作り方は10人いれば10通りあるように、
この作り方がすべてではありません。

人によっては、この解説の中にも飛ばしていい項目もあれば、
足らない項目もあるはずです。

すべてを鵜呑みにせず、自分に合ったガンプラづくりを目指してください。



1/144HGUC シナンジュ  製作開始

スマホで見ている方へ
隠れている右側に解説文があります。
HGUC シナンジュ(ガンダム,プラモデル)


パーツ一覧。
HGUC シナンジュ(ガンダム,プラモデル)
パーツA

HGUC シナンジュ(ガンダム,プラモデル)
パーツB

HGUC シナンジュ(ガンダム,プラモデル)
パーツC1

HGUC シナンジュ(ガンダム,プラモデル)
パーツC2
HGUC シナンジュ(ガンダム,プラモデル)
パーツD

HGUC シナンジュ(ガンダム,プラモデル)
パーツE1

HGUC シナンジュ(ガンダム,プラモデル)
パーツE2

HGUC シナンジュ(ガンダム,プラモデル)
クリアパーツ、ポリキャップ
HGUC シナンジュ(ガンダム,プラモデル)
シール


《パーツ画像はクリックで拡大します》
PHASE 01 胴体・上半身
HGUC シナンジュ(ガンダム,プラモデル)
下から通します

HGUC シナンジュ(ガンダム,プラモデル)


首のあたりをくみたてます。

ピンセットでつまんでいるのは、首パーツ。
これを、下からさしこみます。

首の周囲のモールドへはスミ入れをしていますが、塗装する場合もこの段階で行うほうがよいかとおもいます。


色は、説明書の指定色によると、[グレー90%+ブラック10%]
HGUC シナンジュ(ガンダム,プラモデル)

HGUC シナンジュ(ガンダム,プラモデル)

HGUC シナンジュ(ガンダム,プラモデル)


両腕接合用関節パーツ。
パーティングラインを消し、ポリキャップを1こ差し込んで、胴体パーツへつなぎます。
HGUC シナンジュ(ガンダム,プラモデル)


形状と向き、左右間違えないよう注意・・・・・
HGUC シナンジュ(ガンダム,プラモデル)

HGUC シナンジュ(ガンダム,プラモデル)


さきほど組み立てた首まわりパーツ。
胴体へ差し込みます。
HGUC シナンジュ(ガンダム,プラモデル)

HGUC シナンジュ(ガンダム,プラモデル)

HGUC シナンジュ(ガンダム,プラモデル)


下のとこ、下半身接合用のポリキャップをはめこみます。
その後、背中をはりあわせ。

合わせ目は消しません。段差があり、ディテールラインとなっています。
HGUC シナンジュ(ガンダム,プラモデル)


ここからは、シールの貼付けです。

塗装の場合は、説明書では、ゴールド100%。
もしくは、ゴールド塗装の定番、エナメルのシルバーを下地に、アクリル系クリアイエローの重ね塗り。

私は今回、シールでいきます。
HGUC シナンジュ(ガンダム,プラモデル)


綿棒を押し当てることで、モールドを強調させていきます。

(おしすぎるとやぶれます)
HGUC シナンジュ(ガンダム,プラモデル)

HGUC シナンジュ(ガンダム,プラモデル)
とくにこの模様は立体感をださせます

HGUC シナンジュ(ガンダム,プラモデル)


さらにエッジを効かせたい場所は、ある程度先をまるくさせたつまようじで。(ひっかきすぎると切り込みをいれてしまいます)
HGUC シナンジュ(ガンダム,プラモデル)

HGUC シナンジュ(ガンダム,プラモデル)


本格的に仕上げるとなると、やはり塗装のほうがいいですね。
HGUC シナンジュ(ガンダム,プラモデル)

HGUC シナンジュ(ガンダム,プラモデル)

HGUC シナンジュ(ガンダム,プラモデル)


ここから、赤いパーツにとりかかります。
これは、背中の赤パーツ。ポリキャップを1個はめこんで、胴体へ。
HGUC シナンジュ(ガンダム,プラモデル)


えりパーツを忘れておりました。このえりパーツへは装飾の金色を塗装するか、シールを貼ります。
私はシールを貼っています。これも、綿棒やトレーシングペーシパーでおしつけてモールドを強調させています。
HGUC シナンジュ(ガンダム,プラモデル)

HGUC シナンジュ(ガンダム,プラモデル)


えりパーツをさしこみ。左右とも。
HGUC シナンジュ(ガンダム,プラモデル)


腹部の動力パイプ。
パーティングラインを消し、スミ入れ。
このパーツも今回塗装はしていません。
HGUC シナンジュ(ガンダム,プラモデル)

HGUC シナンジュ(ガンダム,プラモデル)


したからくぐらせるようにして、動力パイプを胴体へ。
HGUC シナンジュ(ガンダム,プラモデル)

HGUC シナンジュ(ガンダム,プラモデル)


そして両脇の赤いパーツを組み立てます。

下部に動力パイプらしき蛇腹パーツがあるのでそれを先に差し込みます。
HGUC シナンジュ(ガンダム,プラモデル)


そして胴体へ。
HGUC シナンジュ(ガンダム,プラモデル)
胴体・上半身ができました。





つぎ、 頭部の製作》

     ↑↑↑このページの一番上へ↑↑↑



 
ページ一覧
[2]頭部》
[3]腕部》
[4]脚部》   [4-2]脚部-2》
[5]胴体・下》
    (C)SOTSU/SUNRISE/BANDAI 
(C)2004〜 ガンプラ120%! all right reserved.