ガンプラ製作徹底解説 HG 1/144 ガンダム・バルバトス ルプス レクスの作り方



トレーディングカードやフィギュアなどのホビーグッズが激安!

脚部を組み立てる
HG ガンダム・バルバトス・ルプスレクス,プラモデル)

HG ガンダム・バルバトス・ルプスレクス,プラモデル)

これまでのガンダムフレームパーツ共通の、足部の組み立てです。
左足と右足両方共同じパーツ番号なので、同時に2個つくります。
HG ガンダム・バルバトス・ルプスレクス,プラモデル)

かかとは色が赤、という設定で、付属シールがあります。

が、足裏までカバーしきれていないようで、全面を赤くするためシールをやめて塗ることにしました。
HG ガンダム・バルバトス・ルプスレクス,プラモデル)
これも同じパーツ番号なので左右同時に仕上げます。
HG ガンダム・バルバトス・ルプスレクス,プラモデル)

HG ガンダム・バルバトス・ルプスレクス,プラモデル)

ヒールバンカー? 色分けパーツも組み立て。
HG ガンダム・バルバトス・ルプスレクス,プラモデル)
内側、グレーで塗りました。
HG ガンダム・バルバトス・ルプスレクス,プラモデル)

HG ガンダム・バルバトス・ルプスレクス,プラモデル)

さきほど組み立てておいたフレームパーツとつなぎます。
HG ガンダム・バルバトス・ルプスレクス,プラモデル)
つま先。例によって空洞部分があります。他のバルバトスも同じでした。

エポキシパテでうめます。
HG ガンダム・バルバトス・ルプスレクス,プラモデル)
うめたら、ペーパーがけでならして、シールを貼るか、塗ります。
このツメの黄色も、裏面まで覆いきれません。なので塗りました。
HG ガンダム・バルバトス・ルプスレクス,プラモデル)
全面覆ってくれればシールでもいけるんですけど。
HG ガンダム・バルバトス・ルプスレクス,プラモデル)
ポリキャップを1個差し込んでおきます。かかと と繋がる部分。
HG ガンダム・バルバトス・ルプスレクス,プラモデル)

HG ガンダム・バルバトス・ルプスレクス,プラモデル)

HG ガンダム・バルバトス・ルプスレクス,プラモデル)

足の甲を組み立て。

2個のパーツをつなぎあわせるだけ。

裏面はグレーで塗りました。
HG ガンダム・バルバトス・ルプスレクス,プラモデル)
それを足パーツへ。
HG ガンダム・バルバトス・ルプスレクス,プラモデル)
最後にかかと と連結させます。
HG ガンダム・バルバトス・ルプスレクス,プラモデル)
足部分の完成です。
 
HG ガンダム・バルバトス・ルプスレクス,プラモデル)
ここからは、脚本体部。
これもガンダムフレームパーツ共通。
HG ガンダム・バルバトス・ルプスレクス,プラモデル)
ひざ関節部。これも共通。
二重関節構造になっています。
HG ガンダム・バルバトス・ルプスレクス,プラモデル)

HG ガンダム・バルバトス・ルプスレクス,プラモデル)

矢印の突起のところにつなぐパーツ、向きに注意。
HG ガンダム・バルバトス・ルプスレクス,プラモデル)

最後にフタをしめて、フレーム部の完成。
HG ガンダム・バルバトス・ルプスレクス,プラモデル)
胴体とつながる股関節を組み立てます。
HG ガンダム・バルバトス・ルプスレクス,プラモデル)
このパーツは左右の脚で番号が異なりますので混同注意です。
HG ガンダム・バルバトス・ルプスレクス,プラモデル)
さきほどのフレーム部のてっぺんに押し込みます。
HG ガンダム・バルバトス・ルプスレクス,プラモデル)
ここから装甲部。
まずはひざより上の部分から。
写真の通り、パーティングラインをゲート跡ごとペーパーがけで消します。
HG ガンダム・バルバトス・ルプスレクス,プラモデル)
ひざの前部。この台形っぽいくぼみはグレーで塗ります。シール付属なし。
HG ガンダム・バルバトス・ルプスレクス,プラモデル)

HG ガンダム・バルバトス・ルプスレクス,プラモデル)

裏面の関節部あたり、白いままよりもグレーのほうがいいと思われる箇所にもグレーを塗りました。
HG ガンダム・バルバトス・ルプスレクス,プラモデル)

HG ガンダム・バルバトス・ルプスレクス,プラモデル)

前後はさみこむ形で、ひざ上部を組み立てます。
合わせ目は消しません。さらにもう1ポン、合わせ目に沿うようにスミ入れ用ライン(モールド)があるので、スミ入れをします。
HG ガンダム・バルバトス・ルプスレクス,プラモデル)
つぎ、ひざより下。
ひざあたりのグレーは、シールなしなので塗ります。
エメラルドグリーンの逆三角形状の部分付属シールがついてます。
今回は塗りでいきました。
HG ガンダム・バルバトス・ルプスレクス,プラモデル)
内側から色分けされた黄色パーツを差し込みます。HGバルバトスルプスと同じ。
HG ガンダム・バルバトス・ルプスレクス,プラモデル)
内側、白と黄色が入り混じってるのをグレー一色に統一。
HG ガンダム・バルバトス・ルプスレクス,プラモデル)
それをフレーム部へ。ポリキャップ1個間にはさむの忘れずに。
HG ガンダム・バルバトス・ルプスレクス,プラモデル)
脚部スラスター。
ゲート跡とパーティングラインを消しますが、ペーパーがけのとき、表面の模様となっている凹凸までも削ってしまわないように注意。
HG ガンダム・バルバトス・ルプスレクス,プラモデル)
このパーツは色分けが必要で、シールがついています。
前回のバルバトスルプスではシールを使いました。
今回は塗ります。
HG ガンダム・バルバトス・ルプスレクス,プラモデル)
それをフレーム後ろ側に。
HG ガンダム・バルバトス・ルプスレクス,プラモデル)
最後に、足をさしこみます。
HG ガンダム・バルバトス・ルプスレクス,プラモデル)
これで脚部は完成です。
次頁では、胴体・下半身部を組み立てます。



つぎのページ
HG ガンダム・バルバトス ルプスレクス(プラモデル)[5]胴体・下半身部を組み立てる》


HG 1/144 ガンダム・バルバトスルプスレクス 全ページ一覧
HG ガンダム・バルバトス・ルプスレクス,プラモデル)[1]胴体・上》
HG ガンダム・バルバトス・ルプスレクス,プラモデル)[2]頭部》

HG ガンダム・バルバトス・ルプスレクス,プラモデル)[3]腕部》
HG ガンダム・バルバトス・ルプスレクス,プラモデル)[4]脚部
HG ガンダム・バルバトス ルプスレクス(プラモデル)[5]胴体・下》
HG ガンダム・バルバトス・ルプスレクス,プラモデル)[6]武器その他》

    ↑↑↑このページの一番上へ↑↑↑


(C)SOTSU/SUNRISE/BANDAI
(C)2004〜 ガンプラ120%! all right reserved.