ガンプラ製作徹底解説 HG 1/144 ガンダム バルバトスルプス の作り方 -4-


PAGE 4 脚部 の製作・作り方

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ  1/144スケールプラモデル
HG バルバトスルプスの作り方・製作手順を細かく掲載しています。
このページは、4ページ目、脚部の作り方を掲載しています。

HG ガンダム・バルバトスルプス 作り方、最初から》



スポンサードリンク

■バルバトスルプス解説(引用です)
《地球圏での戦闘により損傷蓄積されたガンダムバルバトス。テイワズの元で改修・調整・強化された。
◆DATA
型式番号  ASW-G-08
全高    19m
本体重量  31.2t
走行材質  ナノラミネートアーマー
所属    鉄華団
武装
ソードメイス、ツインメイス、腕部200mm砲
搭乗者
三日月オーガス



トレーディングカードやフィギュアなどのホビーグッズが激安!

HG バルバトスルプスの作り方・脚部の解説

HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)

◆気をつけた点◆
特になし。それほど難しくありませんでした。
関連ガンプラ

HG 1/144 ガンダムバルバトス



1/144HG バルバトスルプス  脚部 作り方

HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)

足首あたりのフレームです。
前期のHGバルバトスと構造は同じ。
リング状のパーツを通します。
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)

HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)

それをかかとパーツ(白いの)に差し込みます。

かかとパーツの裏面はグレーで塗っています。(RLM74グレーグリーン100%)
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)
パーツ番号は同じなので、左右分2コとも作ります。
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)

HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)

かかとの色は赤なのですが、
付属シールが一応ついています。しかし、すべてをカバーしているわけではなく、足裏が覆われず白いまま。


HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)
なので結局、モンザレッド100%で塗りました。
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)
ゲート跡はペーパーがけだけでは跡が残りますのでポリッシングクロスを用いて擦り拭き、表面のざらつきを完全に消します。
塗装なし・パーツ色を活かした組み立ての場合、このクロスでゲート跡をきれいに仕上げております。


スーパーポリッシングクロス (TT23)》
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)

HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)

HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)

足甲の制作。
これは前期バルバトスと形状が異なりますね。

2このパーツをまずはつなぎあわせ。
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)

HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)

足裏ですが、先端のツメ状の部分、ここ、中が空洞になっていますので、パテで埋めるのもアリです。
(今回は時間的都合で省略しちゃってます。)

で、この先端ツメですが、RLM74グレーグリーンで塗りました。ここ、シールついてません。
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)
かかとがつながるポリキャップをさしこみます。
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)
先程組み立てた白アーマーをかぶせます。
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)
つま先、完成。
スミ入れはすべてコピックマーカー0.03を使って行っています。
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)
かかとをつなぎます。
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)
足の完成です。
左右対称、同じパーツ番号なので2コとも作りました。
脚部
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)

フレームのパイプ状の部分に、スミ入れをしています。
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)

このフレームパーツは前作と同じ。
2つのパイプパーツをつなぎます。
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)
ひざ関節を組み立てます。矢印の突起部のとこへ、さしこみます。
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)
さらにパーツを追加。
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)

HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)

フタをとじる感覚でもう片方も。
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)

HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)

胴体とつながる部位です。
ポリキャップを中に差し込みます。

この部位は左右で向きがありますから、左右合うの脚を同時に製作する場合は向きの間違いに注意です。
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)
それをさきほどのひざ関節に差し込みます。
奥までしっかりと。
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)

HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)

外殻白アーマーを取り付けていきますが、
このアーマーも一部、フレームととなり合わせになる箇所をグレーで塗装をしました。
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)

HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)

あらためてアーマーの取り付け。

このアーマーは、太腿にあたります。
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)
ひざから下のアーマーを仕上げていきます。
まずひざのワンポイントカラー、ここはエナメルカラーを流し込むか、シールを貼ります。
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)

HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)

ディテールに合わせて貼るシールは、ただ重ねるだけではなく、
ようじなどの先端の細いものでミゾやくぼみの凹凸通りに合わせて貼るようにします。

トガリすぎてるものだとシールを破いてしまいますご注意。
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)
裏面へ、色分けされた黄色パーツ(あらかじめスミ入れ済み)を差し込みます。
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)

HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)

HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)

この黄色の裏側も、裏側をグレーで塗りました。

裏面を塗るグレーは水性ホビーカラー・RLM74グレーグリーンで統一しています。
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)
足首にポリキャップが1こ来るの、忘れずに、
アーマーをフレームへ。
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)
後部スラスター部。(と思う)
パーティングラインがあるので、ペーパーがけで消します。
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)
2色に分かれているのですが、シールがついてます。
立体面をシールで完璧に覆うのは慣れがいりますね。
何度も貼り直しをしました。
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)
補助的に下地塗装をグレーで施してから、シールを貼ると、そこそこうまくいきます。多少のズレなら下地グレーがごまかしてくれるからです。

脚の後ろ、差し込みます。
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)

HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)

HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)

さて気になるのは内部のT字状のでっぱった部位。
画像を見つけましたが資料不足でして、グレーで塗ろうか、白いままでいようか迷いましたが、いったん外して、塗ることにしました。
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)

HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)

足先もさしこんで、脚の組み立て完了。
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)
脚、完成です。もう片方の脚も製作します。







つぎのページ
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)5・胴体・下半身を組み立てる》
HG 1/144 バルバトスルプス 全ページ一覧

HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)[1]胴体・上》  HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)[2]頭部》  HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)[3]腕部》  HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)4・脚部》

HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)[5]胴体・下》  HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)[6]武器》



    ↑↑↑このページの一番上へ↑↑↑


    (C)SOTSU/SUNRISE/BANDAI 
(C)2004〜 ガンプラ120%! all right reserved.