ガンプラ製作徹底解説 HG 1/144 ガンダム バルバトスルプス の作り方 -3-


PAGE 3 腕 の製作・作り方

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ  1/144スケールプラモデル
HG バルバトスルプスの作り方・製作手順を細かく掲載しています。
このページは、3ページ目、腕部の作り方を掲載しています。

HG ガンダム・バルバトスルプス 作り方、最初から》



スポンサードリンク

■バルバトスルプス解説(引用です)
《地球圏での戦闘により損傷蓄積されたガンダムバルバトス。テイワズの元で改修・調整・強化された。
◆DATA
型式番号  ASW-G-08
全高    19m
本体重量  31.2t
走行材質  ナノラミネートアーマー
所属    鉄華団
武装
ソードメイス、ツインメイス、腕部200mm砲
搭乗者
三日月オーガス



トレーディングカードやフィギュアなどのホビーグッズが激安!

HG バルバトスルプスの作り方・腕部の解説

HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)

◆気をつけた点◆
つい見落としそうになるのが、肩の黄色いワンポイント。シールもないので塗ることになります。
関連ガンプラ

HG 1/144 ガンダムバルバトス



1/144HG バルバトスルプス  腕部 作り方

HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)

肩の鉄華団マークです。
TVコマーシャルでも行っているとおりの色再現。
昔のHGUCガンプラならモールドで境目付けられて塗装かシール、てとこだったと思います。

白い鉄華団マーク側のパーツ、裏側はRLM74グレーバイオレツトで塗っております。
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)
ゲート跡はペーパーがけだけでは跡が残りますのでポリッシングクロスを用いて擦り拭き、表面のざらつきを完全に消します。
塗装なし・パーツ色を活かした組み立ての場合、このクロスでゲート跡をきれいに仕上げております。


スーパーポリッシングクロス (TT23)》
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)
色分けしてくれる反面、きっちり表面をあわさないと段差が生まれますので注意です。
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)
裏を向けると、グレーで塗った箇所がこんなふうにメカニカルな感じになってくれます。
接合用パーツを1こ、差し込んでおきます。
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)
裏面に、接合用のパーツを差し込みます。
その前に・・・・・
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)

HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)

裏面も、接合部につきましてはグレーで塗ることにしました。

もしかしたら裏面は全面を塗るべきなのかもですが。

いったんパーツをはずし、同じくRLM74グレーグリーンで塗っています。
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)

HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)

あらためて裏面に接合パーツをつなぎます。これで接合部がグレーで統一されました。
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)
さきほど組み立てておいた鉄華団マークの肩とつなぎます。
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)
腕をつなげる接合用パーツ。2つあわせるだけです。
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)
肩につないで、これで完了です。
腕部
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)

HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)

ここからは腕部を組み立てていきます。
フレームの組み立て。
これはひじのとこです。
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)

この後の装甲組み立てで程度隠れるのですが、パイプっぽいとこに、スミ入れ。 ハケタイプのエナメルカラー、色はブラックを使っています。
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)

HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)

HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)

二の腕ともいわれてる、上腕パーツを差し込みます。

その後、パイプフレームも差し込みます。ここにもスミ入れ。
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)
ひじの内部装甲?のようなガンダムフレームパーツを差し込みます。
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)

HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)

手首と連結する用のパーツもはめ込みます。
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)
白アーマーをつなぎますが、その前に、パーティングライン(黄色い丸の部分)をペーパーがけで消します。細かい凹凸があり、コレを消さないよう注意です。
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)
それをフレームへつなぎます。
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)

HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)

つないだのですが、手首のとこに、白いままよりもグレーのほうがよりらしく見える箇所があり、塗ることにしました。
フレームに似た色のRLM74グレーグリーンを塗ります。
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)

HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)

もう一度つなぎ直します。
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)
反対側も。
同様に先端はグレーで塗っています。
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)

HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)

さて、厄介な箇所です。この合わせ目は消すことになります。
ここの合わせ目、かなりの凹みになります。その上消してはならないラインが近くにあるし、やりにくい。


HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)
さきほど組み立てておいた肩パーツへ差し込みます。
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)
拳を組み立てて、差し込みます。
拳はてのひらと甲を合わせるだけ。
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)

HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)

肩に、見落としを発見。
ワンポイントで黄色い箇所がありました。

シールもついてないので、塗ることになります。
色は、説明書通りの色配合、イエロー+オレンジイエロー。
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)
腕、完成です。当然ながら左腕も製作します。
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)
こぶしは2パターン。







つぎのページ
HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)[4]脚部を組み立てる》

HG 1/144 バルバトスルプス 全ページ一覧

HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)[1]胴体・上》  HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)[2]頭部》  HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)[3]腕部》  HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)4・脚部》

HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)[5]胴体・下》  HG バルバトスルプス(ガンダム,プラモデル)[6]武器》


    ↑↑↑このページの一番上へ↑↑↑


    (C)SOTSU/SUNRISE/BANDAI 
(C)2004〜 ガンプラ120%! all right reserved.