gunpla120 HGケルディムガンダムの製作 GN-006 ケルディムガンダムに関心のある
方は、こんなガンプラもみています→
HGダブルオーガンダムHG ケルディムガンダム製作,プラモデルHGアリオスガンダム
スポンサードリンク

ガンプラ製作徹底解説

HG 1/144 GN-006 ケルディムガンダムの作り方

HGケルディムガンダムの製作
登場作品:機動戦士ガンダム00 セカンドシーズン
(C)創通・サンライズ・毎日放送



HG 1/144 GN-006 ケルディムガンダム の製作の解説です

ガンダムデュナメス同様、遠距射撃を主力としたソレスタルビーイングのガンダム。
刹那がスカウトした、ニール・ディランディの双子の弟・ライル・ディランディがパイロットとなり、兄と同じくハロを相棒に「ロックオン・ストラトス」のコードネームで戦いに加わることとなりました。。
深緑のガンダム=射撃専門、ていう図式を引き継いだガンダムではありますが、デュナメスの戦闘データを元に格闘戦用武器を廃し、サーベル等の近接武器を受け止められる機構をGNビームピストルに追加するなどリファインされています。






◆DATA
機体番号:GN-006
頭頂高 :18.0m
重量  :58.9t
武装  :GNスナイパーライフルII
     GNビームピストルII
     GNシールドビット

搭乗パイロット:ロックオン・ストラトス(ライル・ディランディ)



HG ケルディムガンダム製作,プラモデル
FRONT VIEW


HG ケルディムガンダム製作,プラモデル
REAR VIEW









HG ケルディムガンダム製作,プラモデル
GNビームピストルは両手に持たせられます


HG ケルディムガンダム製作,プラモデル
フォロスクリーンをセット
額の赤い▽は取り外し位置換えにより開閉できます。
写真では開けなければならなかったのに閉じてますスマン



◆今回使用する工具やアイテム

組み立て工具:
HG ケルディムガンダム製作,プラモデル
ニッパー
HG ケルディムガンダム製作,プラモデル
カッター
HG ケルディムガンダム製作,プラモデル
接着剤(タミヤセメント)ハケ塗りが便利です
HG ケルディムガンダム製作,プラモデル
耐水ペーパー
320番(ならし用)
1000番(仕上げ用)
HG ケルディムガンダム製作,プラモデル
筆と水、容器




塗装用具

HG ケルディムガンダム製作,プラモデル
水性ホビーカラー

HG ケルディムガンダムに使用する色(説明書記載と同じもの)
ホワイト
ネービーブルー
デイトナグリーン
ブラック
イエロー
オレンジ
モンザレッド
ネービーブルー
スカイブルー
クリアレッド
クリアブルー
ミディアムブルー
ニュートラルグレー
パープル
ミッドナイトブルー


・・・・HGケルディムガンダム取説より転載





HG ケルディムガンダム製作,プラモデル
フラットベース(つや消し剤)

つや消しクリアー
ケルディムガンダム カラーガイド◆
本体ホワイト部:
本体グリーン部:
アンテナ等イエロー部:
胴体・足などレッド部:
レンズ部などダークグリーン部:
目等ライトグリーン部:
額内センサー部:
額内レッド部:
武器などクリアブルー部:
武器ライトブルー部:
関節・武器グレー部:

武器ダークグレー部:


ホワイト100%+ネービーブルー少量
デイトナグリーン60%+ブラック25%+ホワイト15%
イエロー60%+ホワイト30%+オレンジ10%
モンザレッド100%
ネービーブルー80%+デイトナグリーン20%
ホワイト90%+デイトナグリーン10%+スカイブルー少量
スカイブルー100%
クリアレッド100%
クリアブルー100%
ホワイト85%+ミディアムブルー10%+パープル5%
ニュートラルグレー65%+ミディアムブルー25%+
ブラック5%+パープル5%
ミッドナイトブルー60%+ホワイト20%+ミディアムブルー20%
水性ホビーカラーのすすめ
私は、小さなお子さんへの安全性のことを考えて、水性カラー塗料の使用を推奨しています。ラッカー系塗料のようにシンナーなど劇物を使用しないし、筆や用具は水で洗えます。乾燥すれば耐水性になるし、ベンリものです。
それでも、換気は十分に行ないましょう。特にお子さん同伴で製作しているときは、窓あけっぱなしでもいいくらいです。

また、塗布面積が塗料に比べ少ないものの、接着剤やパテは揮発性の劇物です。取り扱いは十分にご注意ください。



この「HG GN-006 ケルディムガンダムの作り方」ページは、なるべく取扱説明書の順に
解説してありますが、効率化とかを考えて順序を変えてあるときもあります。

また、
ガンプラの作り方は10人いれば10通りあるように、
この作り方がすべてではありません。

人によっては、この解説の中にも飛ばしていい項目もあれば、
足らない項目もあるはずです。

すべてを鵜呑みにせず、自分に合ったガンプラづくりを目指してください。



PHASE 0 パッケージ内容の確認、ランナーおよびパーツ洗浄

HGケルディムガンダムの製作
箱を開けたら、一気に開封せず箱の中に全部パーツがそろっているか、よく確認しましょう。
初出荷の製品はたまにケアレスミスやるのか、私NATZはパーツ欠損経験があり、以降、必ずチェックするようになりました。
万一欠損がみつかったら、バンダイお客様センターへ電話をいれましょう。電話番号は説明書に記載されています。紳士的に対応してくれます。

HGケルディムガンダムの製作
パーツ洗浄の際は、こすりすぎてランナーからパーツがはずれないよう手加減しましょう
パーツ洗浄を施しましょう。
早く組み立てたい気持ちはよくわかります。
が、これは基本と考えてくださってもいいぐらいです。

このパーツ洗浄、めんどくさがってパスする方、結構多いです。
確かにパーツ洗浄しなくてもガンプラは組めますし、結局指からでる皮脂がパーツに付着するから意味無しと指摘する方もいます。

そんな方、一度でいいですから、洗ってみてください。
そして、洗ったパーツをなでてみてください。
あきらかにパーツの手触りが違います。洗って綺麗になった、て、達成感があります。

それに、毎回新しいガンプラを開ける度に洗浄しているんですが、洗浄後の洗剤液はあきらかにくすんで汚れてるんです。
洗浄液が汚れてると言うことは、それだけパーツが汚れていたということですよね。同じ物質がパーツについていたということですよね。
それを落とすというだけでも、意味あると思うのですよ。
パーツの洗浄手順は、こちらの開封したらまずパーツ洗浄
をご覧になって、作業をすすめてくださいませ・・・・
HGケルディムガンダムの製作
パーツ同士がこすれてキズがつかないよう、間には紙や開封したビニル袋を敷いて保護しましょう。
もしくは、裏面同士を重ねて保管しましょう。
HGケルディムガンダムの製作
パーツを紹介。
Aパーツ。

色パーツ、クリアパーツもあります。
HGケルディムガンダムの製作
Bパーツ。本体や関節、武器など。
HGケルディムガンダムの製作
Cパーツ。本体のダークグリーンのもの。
HGケルディムガンダムの製作
関節用ポリキャップパーツ。
用語解説>>ポリキャップ(別窓表示)


腕用パーツ、シール。

PHASE 1 胴体の組み立て

NATZよりアドバイス
HGなら色分けされていたえりの黄色いとこ、ここが色分けされておりません。塗装しなければなりません。
ちょっと意外でした。しかも地の色が暗いので下地塗装も必要です。
HGケルディムガンダムの製作
胴体フレーム部分を組み立てます。
下半身との接合用となるポリキャップパーツを1こ、差し込みます。
HGケルディムガンダムの製作

HG ケルディムガンダム製作,プラモデル
左右の両肩が接合されるジョイント用ポリキャップを差し込みます。
向きに気をつけて。
HGケルディムガンダムの製作
胴体パーツを貼り合わせます。

接合跡(合わせ目)は消します。
用語解説:合わせ目>>(別窓表示)
HGケルディムガンダムの製作

HGケルディムガンダムの製作
胴体を塗装します。胴体は ニュートラルグレー65%+ミディアムブルー25%+ブラック5%+パープル5%で。
えりの黄色は色分けされてなくて、塗装が必要になってます。
黄色はイエロー60%+ホワイト30%+オレンジ10%
下地に白か明るいグレーを塗ってからで(エナメル系だと上からきいろを塗っても溶け出しません)

黄色を先に塗ってから胴体を塗る方がやりやすいかと思います。(色塗りの基本は明るい色から先に、と、どこかで聞いたことがあります。もちろん例外もたくさんあります)

HGケルディムガンダムの製作 HGケルディムガンダムの製作
ここまでに使ったパーツです。


HGケルディムガンダムの製作

HGケルディムガンダムの製作
首関節ポリキャップを差し込みます。
HGケルディムガンダムの製作
まんなかのこの部分へ、付属シールを貼ります。

塗装する場合はネービーブルー80%+デイトナグリーン20%で。
HGケルディムガンダムの製作
エアインテーク、ガンダムの定番パーツです。
フィンのすき間へスミ入れをします。
このパーツは小さいのでランナーにくっついた状態のままでやる方がラクかと思います。

黄色自体を塗装する場合はえりと同じイエロー60%+ホワイト30%+オレンジ10%で。色プラ自体デキがいいので塗装せずこのまま使っても差し支えはないかと思います。
HGケルディムガンダムの製作

HGケルディムガンダムの製作

HGケルディムガンダムの製作






インテークを胴体へはめ込みます。
左右で形が違いますが、まあ間違うことはないでしょう。

HG ケルディムガンダム製作,プラモデル
下部へ差し込まれる、白い胴体パーツです。先に本体色の白で塗装しておきます。
ちょっとだけですがスミ入れが1箇所あります。
HG ケルディムガンダム製作,プラモデル

HGケルディムガンダムの製作
胴体下部へ差し込みます。

HGケルディムガンダムの製作 HG ケルディムガンダム製作,プラモデル
ここまでに使ったパーツです。


HG ケルディムガンダム製作,プラモデル
次は胸部、いきます。
まずはクリアパーツを差し込みます。
HG ケルディムガンダム製作,プラモデル
裏面も塗ってね
装甲パーツを塗装し仕上げます。
色はデイトナグリーン60%+ブラック25%+ホワイト15%。スミ入れもあります。
HG ケルディムガンダム製作,プラモデル
・・そして胴体へ。

接着しようとして塗った接着剤が、クリアパーツに触れてしまい大変なことにならないように。
むしろ接着剤なんて使わなくてもOK。
HG ケルディムガンダム製作,プラモデル
・・こんな感じ。エアインテークが隠れてしまいました。

HGケルディムガンダムの製作 HG ケルディムガンダム製作,プラモデル
ここまでに使ったパーツです。


HG ケルディムガンダム製作,プラモデル
背中のスラスター部を組み立てます。
これは中央のパーツ。
パーティングラインがありますので、ペーパーがけをして消します。
HG ケルディムガンダム製作,プラモデル
全体を関節グレーで塗装します。
4つの穴にはスミ入れを。
HG ケルディムガンダム製作,プラモデル

HG ケルディムガンダム製作,プラモデル
両端に丸いポリキャップを差し込みます。

HGケルディムガンダムの製作 HG ケルディムガンダム製作,プラモデル
ここまでに使ったパーツです。


HG ケルディムガンダム製作,プラモデル
両端のスラスター部を組み立てます。
このパーツにもパーティングラインがありますので消しておきます。
HG ケルディムガンダム製作,プラモデル

HG ケルディムガンダム製作,プラモデル

HG ケルディムガンダム製作,プラモデル






2このパーツを貼り合わせるようにできているのですが、
もう片方のパーツもいっしょに先に塗装してしまいます。
関節グレーです。
HG ケルディムガンダム製作,プラモデル
スミ入れもあります。
HG ケルディムガンダム製作,プラモデル

HG ケルディムガンダム製作,プラモデル
このパーツにもパーティングラインがあるので塗装の前に消そう
これは、中に組み込まれるパーツ。フォロスクリーンの投影機構です。

全体を関節グレーで、まるいくぼみの中にはシールを貼ります。
シールを使わず塗装する場合はネービーブルー80%+デイトナグリーン20%で。
HG ケルディムガンダム製作,プラモデル

HG ケルディムガンダム製作,プラモデル
レンズのゲート(切り離し跡)処理も慎重に・・
レンズをはめこみます。
レンズは小さいし持ちにくいので、写真のようにマスキングテープなどを利用するとよいでしょう。
HG ケルディムガンダム製作,プラモデル

HG ケルディムガンダム製作,プラモデル
レンズは表裏をまちがえないように、そして綿棒など先の柔らかい物で押し込みます。
HG ケルディムガンダム製作,プラモデル
スラスターパーツへ差し込みます。稼働しますので接着しません。
向きに気をつけて。
HG ケルディムガンダム製作,プラモデル

HG ケルディムガンダム製作,プラモデル

HG ケルディムガンダム製作,プラモデル






パーツを貼り合わせて仕上げます。
この時点で合わせ目が生まれますが、これは消してしまいましょう。
HG ケルディムガンダム製作,プラモデル
こんな感じ。もう片方も同じ要領でつくります。

HGケルディムガンダムの製作 HG ケルディムガンダム製作,プラモデル
ここまでに使ったパーツです。


HG ケルディムガンダム製作,プラモデル
スラスター、というより、GN粒子噴出(?)
全体をイエローで、スミ入れの要領で内部に黒を流し込みます。

イエローは塗装しなくても元々の色プラの色が十分いけるとおもいます。
HG ケルディムガンダム製作,プラモデル

HG ケルディムガンダム製作,プラモデル
GNスラスター(?)を中へ差し込みます。
HG ケルディムガンダム製作,プラモデル
同じ要領でもう片方も製作します。

HGケルディムガンダムの製作
ここまでに使ったパーツです。


HG ケルディムガンダム製作,プラモデル

HG ケルディムガンダム製作,プラモデル
組み立てたパーツをすべて接合します。
これ、めちゃ固いです。
HG ケルディムガンダム製作,プラモデル
胴体へ接合します。
HG ケルディムガンダム製作,プラモデル
これで完成しました。 次は頭部の組み立てです。

NEXT 2.頭部の組み立て >>>

その他の部位解説
3.武器>>>
4.腕部>>>
5.脚部>>>
6.胴体・下半身>>>



    (C)SOTSU/SUNRISE/BANDAI 
(C)2004〜 ガンプラ120%! all right reserved.