ガンプラの作り方・製作

HGUCプラモデル ZZガンダムの作り方・製作に関心のある方はこちらのガンプラも見ています
HGUC ゼータガンダム(ガンダム,プラモデル)
ガンプラ(ガンダム プラモデル)製作の行程・手順を徹底的に細かく掲載しています




ガンプラ製作徹底解説 HGUC 1/144 ZZガンダム(ダブルゼータ) の作り方
-2-

Page 2 頭部の組み立て解説

機動戦士ガンダムZZ  1/144スケールプラモデル
HGUC ZZガンダム(MSZ-010)ができるまで、作り方・製作手順を細かく掲載します。
発売年月 2010年6月
価格帯 1800-2000
発売元 バンダイ


(画像準備中)
■ZZガンダム解説(引用です)
《機動戦士ガンダムZZ登場の可変合体モビルスーツ。攻撃性と汎用性を追求した機体で、一年戦争時におけるRX-78-2ガンダムとGファイターを組み合わせたような設計が施されている。上半身と下半身のパーツがコアブロックと組み合わさることでモビルスーツ形態となるほか、飛行形態のまま武装「Gフォートレス」といったバリエーションも展開された》
◆DATA
型式番号  MSZ-010
所属・建造 エゥーゴ
頭頂高   19.86m
本体重量  32.7t
全備重量  68.4t
出力    7,340kW
装甲材質  ガンダリウム合金

武装
ハイメガ・キャノン、 ダブル・バルカン、 
ビーム・キャノン(ハイパービームサーベル)、
ダブル・ビームライフル、  
21連装ミサイルランチャー
主な搭乗者
ジュドー・アーシタ(メインパイロット)



HGUC 1/144 No.111 MSZ-010 ダブルゼータガンダム(ZZガンダム) バンダイ プラモデル ガンプラ

 HGUC ZZガンダム(ダブルゼータ)の作り方

HGUC ZZガンダム(ガンダム,プラモデル)
関連ガンプラ

HGUC キュベレイ[AMX-004](初回版)

HGUC ゼータガンダム(ガンダム,プラモデル)HGUC ゼータガンダム[MSZ-006]

HGUC 1/144 ZZガンダム バンダイ・プラモデル


頭部の製作
このページでは、頭部の組み立て、仕上げ方を解説しています。
1/144のガンダム系の顔は細かい箇所もあり、なかなか手間がかかります。
特に目、正しくはツインカメラのとこは、シールが付属されていますが、
パーツの造形通り水平・垂直に貼るには小さすぎ、ゆがんだり織り込んでしまったり。

リクエストでは、ここ、シールではなく塗装での仕上げ方を見てみたいとのことでしたので、
この行程ではハイメガキャノンの赤とアンテナの黄色以外全部、塗りでいきました。


目は水性ホビーカラー蛍光グリーン、目のフチはハケ付きエナメルカラースミ入れ用 を使っています。


頭部全体も、胴体同様の白、ガンダムホワイト(白にグレーを少量まぜたもの)で塗っています。







1/144HGUC ZZガンダム  製作開始

スマホで見ている方へ
隠れている右側に解説文があります。
頭部を組み立てる
HGUC ZZガンダム(ガンダム,プラモデル)
まず顔から仕上げていきます。
最初に行うのは、ホワイトで全部を塗ることです。
目と目のフチを除くマスク部、後頭部を細い筆で塗っていきます。
HGUC ZZガンダム(ガンダム,プラモデル)

HGUC ZZガンダム(ガンダム,プラモデル)

次に、目のフチを黒く塗ります。
極細ペンではやりにくいので、ハケ付きのエナメルカラー・ブラックを、目のフチのとこに、浸透させていくような感じで。

ハケがパーツ面に触れるだけで、くぼみやスジの中を伝っていくようにエナメルカラーが流し込まれていきます。

ちょっとやっかいなのは、つや消し系水性ホビーカラーの塗り面との相性。

はみ出たら専用溶剤でとれるはずなのですが、つや消し面だと少し消えずに残ってしまうときがあります。


なのでなるべくはみ出しさせないようにしたほうがよいです。
HGUC ZZガンダム(ガンダム,プラモデル)
エナメル系は乾燥に時間がかかるのでしばらく放置します。
乾いたら、目を塗ります。

水性ホビーカラー・蛍光グリーンを使いました。
先の細いものに蛍光グリーンを付けて、目の上に乗せていきます。
HGUC ZZガンダム(ガンダム,プラモデル)

HGUC ZZガンダム(ガンダム,プラモデル)

最後に、マスク部分のスミ入れ。
0.03マーカーペンを使いました。
HGUC ZZガンダム(ガンダム,プラモデル)
頭部です。ヘルメットのように、かぶせる方式でできています。


従来のガンダム系ガンプラは前と後ろを貼り合わせての合わせ目消しが大半だったのですが、ZZでは一体化されています。

そのかわりにパーティングラインがあるので、ペーパーがけで消します。
HGUC ZZガンダム(ガンダム,プラモデル)
そして、全体を塗ります。

スミ入れはすべて0.03ペンを使用。
HGUC ZZガンダム(ガンダム,プラモデル)
再び顔パーツ。アゴの赤を差し込みます。極小パーツゆえ紛失注意。
HGUC ZZガンダム(ガンダム,プラモデル)
頭パーツをかぶせます。
HGUC ZZガンダム(ガンダム,プラモデル)

HGUC ZZガンダム(ガンダム,プラモデル)

HGUC ZZガンダム(ガンダム,プラモデル)

恒例のブレードアンテナ。
先端の膨らみは、ニッパーで切り落とし、ペーパーがけで整えて尖らせます。


やりすぎると折れやすくなります。
HGUC ZZガンダム(ガンダム,プラモデル)
ブレードアンテナを頭頂部へ差し込みます。
HGUC ZZガンダム(ガンダム,プラモデル)
頭部ハイメガキャノン。
ランナーについた状態の方がやりやすいので、外さずにスミ入れ処理をしました。
HGUC ZZガンダム(ガンダム,プラモデル)
ブレードアンテナの上から、頭部へ差し込みます。
HGUC ZZガンダム(ガンダム,プラモデル)
本当はハイメガキャノンの一番奥も黒なのですが、塗り忘れておりました。
あとでペンで塗ります。
HGUC ZZガンダム(ガンダム,プラモデル)
胴体へつなぎます。
これで、頭部は完成です。

ただいまの組み立て過程は、ここまでとなっております。
組み立て進行しながら掲載しています。
更新次第トップページにてご案内いたします。

HGUC 1/144 ZZガンダム 全ページ一覧

HGUC ZZガンダム(ガンダム,プラモデル)[1]胴体・上》  

    ↑↑↑このページの一番上へ↑↑↑


    (C)SOTSU/SUNRISE/BANDAI 
(C)2004〜 ガンプラ120%! all right reserved.