gunpla120

HGUC ハイザック
に関心のある方はこちらのガンプラも見ています
ガンプラ(ガンダム プラモデル)製作の行程・手順を徹底的に細かく掲載しています



ガンプラ製作徹底解説 HGUC 1/144 ハイザック(Zガンダム) の作り方

機動戦士Zガンダム登場、ティターンズ所属量産モビルスーツ、ハイザック[RMS-106]。1/144スケール プラモデルの作り方を掲載します。



スポンサードリンク

■解説(引用です)
《機動戦士Zガンダム、ティターンズ所属モビルスーツ。
ザクの進化系ではなくあらたに開発された。ザクはジオニック社製だがハイザックはアナハイム社製。後にマラサイやバーザムが投入されるまではティターンズ・連邦の主力機だった》
DATA
型式番号 RMS-106
所属   地球連邦軍
     ティターンズ
     ジオン共和国
建造   グラナダ開発基地
頭頂高  18.0m
本体重量 38.7t
全備重量 59.6t
出力   1,428kW
推力   16,200kg×4(背部)
(総推力)64,800kg
センサー
有効半径 8,900m
装甲材質 チタン合金セラミック複合材
武装
ザク・マシンガン改、ビームライフル(ハイザック/マラサイ共用型)、ビームサーベル、ヒート・ホーク、ミサイルポッド、シールド、メガ・ランチャー
搭乗者
ジェリド・メサ、カクリコン・カクーラー、フランクリン・ビダン、アドル・ゼノ、キッチマン、デーバ・バロ、サラ・ザビアロフ、その他


p

1/144HGUCプラモデル ハイザック

まだこのページは準備段階ですが、
HGUC 1/144プラモデル、ハイザック。

Zガンダムでは連邦・ティターンズ・エゥーゴ・ネオジオンと軍勢が入り交じりモビルスーツの所属班別がしづらいと当時も批評されていましたが、

このザク系モビルスーツ「ハイザック」は、ティターンズ側MSなので連邦系。

Zガンダム劇中では、モノアイのあるモビルスーツが連邦系だったりするのでさらにややこしくなってます。
見た目には敵側はモノアイのほうがいいという子供向けの事情対応だったとありました。
(リック・ディアスでさえ味方のMSにみえないといわれてました。)






この「1/144スケール プラモデル HGUC ハイザック 作り方ページは、なるべく取扱説明書の順に
解説してありますが、効率化とかを考えて順序を変えてあるときもあります。

また、ガンプラの作り方は10人いれば10通りあるように、
この作り方がすべてではありません。

人によっては、この解説の中にも飛ばしていい項目もあれば、
足らない項目もあるはずです。

すべてを鵜呑みにせず、自分に合ったガンプラづくりを目指してください。



関連作品/その他の模型


スポンサードリンク


HGUC  ハイザック 製作開始




製作にとりかかり次第、掲載にふみきります。

それまで、お待ちください。



    (C)SOTSU/SUNRISE/BANDAI 
(C)2004〜 ガンプラ120%! all right reserved.