1/144ザクウォーリア(SEED DESTINY)の作り方1/144とあなどるなかれここまでリアルなザクウォーリアになる!
gunpla120
ザクウォーリアの製作(ガンダム,プラモデル)







ガンプラ製作講座第2回

1/144ザクウォーリアの作り方

歴史に残る名MS・ザクがガンダムSEED DESTINYでザクウォーリアとして蘇った!
ガンプラザクウォーリア1/144は関節可動に制限があるものの、改造無しでも立派にしあがります!

ザクウォーリアの製作(ガンダム,プラモデル)
(C)創通エージェンシー・サンライズ

1/144ザクウォーリア、登場

「ザクのオマージュ」、ガンダムSEED DESTINYのザフト新主力MS、ZGMF-1000・ザクウォーリア。


SEEDからひきつがれるこの1/144コレクションプラモデルシリーズの特徴は、簡単に組み立てられること。









しかし、1/144エントリーモデルでも、

プロポーションについてはさほど不満点もなく、塗装は必要ですが、それなりに仕上げられることができました。

ザクウォーリアの製作(ガンダム,プラモデル)
(C)創通エージェンシー・サンライズ

1/144ザクウォーリア


ザクウォーリアのカラーリングは、公開当時色設定がわからなかったので、ファーストの量産型ザクの指定色をそのまま採用しています。私は、今回「よもぎ色」と「ダークグリーン」につや消し剤を混ぜたものを使いました。
(実はスコープドッグ用に買った物の残りを使ったの)

HGザクウォーリアにて色の混ぜ具合が公開されました。




この「1/144ザクウォーリアの作り方」ページは、なるべく取扱説明書の順に
解説してありますが、効率化とかを考えて順序を変えてあるときもあります。

また、
ガンプラの作り方は10人いれば10通りあるように、
この作り方がすべてではありません。

人によっては、この解説の中にも飛ばしていい項目もあれば、
足らない項目もあるはずです。

すべてを鵜呑みにせず、自分に合ったガンプラづくりを目指してください。


PHASE 0 パッケージ内容の確認、ランナーおよびパーツ洗浄
ザクウォーリアの製作(ガンダム,プラモデル)
内容に欠損はないかよく確認

PHASE 1 腕の組み立て
ザクウォーリアの製作(ガンダム,プラモデル)
腕の組み立てはいたって簡単。
2つのパーツをくっつけるだけでOK。

ただ、腕とひじと手首と手のパーツがすべて一体化されているから、合わせ目消しと塗装が比較的厄介です。

ザクウォーリアの製作(ガンダム,プラモデル)
面相筆や細い丸筆を使って、ひじ関節にあたる矢印の部分を水性ホビーカラーつや消し黒で塗装します。

多少はみ出てもあとでボディカラーを塗ったら消えるのでおかまいなしに塗ります。
ザクウォーリアの製作(ガンダム,プラモデル) とってもやりにくい箇所ですが、手首関節のこの矢印部分、ここもつや消し黒で塗装します。おそらくどんなに細い筆でもはみでるでしょう。あとで消します。
ザクウォーリアの製作(ガンダム,プラモデル)
ひじのアブソーバの裏と、肩との接合部をつや消し黒で塗装、こぶしを黒9、白1の割り合いでまぜたダークグレーで塗装します。
ザクウォーリアの製作(ガンダム,プラモデル)
拳も塗装します。
ザクウォーリアの製作(ガンダム,プラモデル)
塗装手順が前後してますがご了承ください
ひじ関節のマイナスネジみたいな部分に、つや消し黒を流し込み塗装します。
0.03mmのマーキングペンを使うという手もあります。
ザクウォーリアの製作(ガンダム,プラモデル)
ディテールラインを強調するために、スミ入れを行ないます。
PHASE 2 ショルダータックルとシールドの組み立て
ザクウォーリアの製作(ガンダム,プラモデル)
右肩のショルダータックルです。
まずパーティングライン(プラモ製造過程でできた金型プレスの境目)をけずって消してしまいます。
ザクウォーリアの製作(ガンダム,プラモデル)
外したばかりのパーツ。このくぼみは埋めます。ザクウォーリアの製作(ガンダム,プラモデル)
パテでうめたところ。
ショルダータックルの突起物、とげとげのやつです。


画像にあるとおり、くぼみというか空洞ができてしまってますので、パテを盛ってうめちゃいます。


パテ硬化後、320番の耐水ペーパーでならし、800番程度の耐水ペーパーで仕上げます。
ザクウォーリアの製作(ガンダム,プラモデル)
かわってこちらは左肩、シールドがくっつく部分。同じくパーティラインをけずって消します。削り方はパテ埋め後のならしと同じ要領です。
ザクウォーリアの製作(ガンダム,プラモデル)ザクウォーリアの製作(ガンダム,プラモデル) 肩のパーツの裏側を、つや消し黒で塗ります。
ザクウォーリアの製作(ガンダム,プラモデル)
右肩にさっきパテで穴を埋めて仕上げたトゲを接着し、本体の色、うすいグリーンで塗装します。
右腕がいつでも脱着できるのがうれしいですね。
ザクウォーリアの製作(ガンダム,プラモデル)
左肩も同じく塗ります。
ザクウォーリアの製作(ガンダム,プラモデル)ザクウォーリアの製作(ガンダム,プラモデル) さて、シールドですが、実はこれ単体で完成パーツなのでなんもすることはありません。

ただ、裏面のくぼみをパテで埋めるのみの作業です。

まずは裏面、丸いくぼみが4つ、あります。
これをパテで埋めて成形します。
ザクウォーリアの製作(ガンダム,プラモデル) カッターで、シールドのカドというカドをけずっていますが、これは戦いの痕跡をつけたしているところ。

まあここからはお好みですね。
ザクウォーリアの製作(ガンダム,プラモデル) ピンバイスと(小型手動ドリル)を使って、シールドに連続穴をあけてしまいます。
これで、敵マシンガンなどの被弾跡をつくるわけです。


1列にならべて等間隔であけていきます。
ザクウォーリアの製作(ガンダム,プラモデル)ザクウォーリアの製作(ガンダム,プラモデル) ビームサーベルがシールドをかすめたという跡もつくっちゃいました。


工具のグリップのぎざぎざの部分をごしごしこすって、シールドを削り込んでしまいます。


下の写真は塗装後まだ足りないと思ったのでダメだししてる最中。
ザクウォーリアの製作(ガンダム,プラモデル) シールドの突起、はげしくぶつかったという想定で、先端を耐水ペーパーでけずって丸めたり、ときには写真のようにニッパーで切っちゃいました。
ザクウォーリアの製作(ガンダム,プラモデル) ここまで破損させてやりました。
シールドは本体色のグリーンで塗装します。
周囲、ふちの部分はつや消し白で、裏面はつや消し黒で塗装します。


これで腕は完成です。


2.脚部の組み立てへ>>>

3.胴体、頭部の組み立て>>>
4.ウェザリング>>>


    (C)SOTSU/SUNRISE/BANDAI 
(C)2004〜 ガンプラ120%! all right reserved.