gunpla120 MGターンエーガンダムに関心のある方は、こんなガンプラもみています→
準備中


スポンサードリンク




ガンプラ製作徹底解説

MG(マスターグレード)1/1プラモデル 
ターンエーガンダムの作り方

ターンエーガンダムのMGで困ったのは、プラモデル製作よりも本ページの製作。
ターンエーガンダムとすればいいのか、ターンAガンダムとかけばいいのか、 ∀ガンダムのほうがいいのか、

これはどうでもよさそうなことですが検索してくる方がどのターンエーで検索ワードとするのかは重要ポイント。








4MG/マスターグレードプラモデル 1/100 ターンエーガンダム の製作の手順です




◆DATA
型式番号 System-∀99(本来)
WD-M01(ミリシャ内)
所属 イングレッサ・ミリシャなど
全高 20.0m
重量 28.6t、17.5t(稼動重量)
出力 27,000kW(±5,000)
(W換算、推定値)
装甲材質 FE型
動力源 DHGCP
武装 胸部マルチパーパスサイロ
腹部ビームキャノン×2
ビームライフル
ビームサーベル×2
ハンマー
シールド
月光蝶
搭乗者 ロラン・セアック
ソシエ・ハイム
ジョゼフ・ヨット
メリーベル・ガジット




この「MGターンエーガンダム」作り方ページは、なるべく取扱説明書の順に
解説してありますが、効率化とかを考えて順序を変えてあるときもあります。

また、
ガンプラの作り方は10人いれば10通りあるように、
この作り方がすべてではありません。

人によっては、この解説の中にも飛ばしていい項目もあれば、
足らない項目もあるはずです。

すべてを鵜呑みにせず、自分に合ったガンプラづくりを目指してください。


使ったもの
ニッパー、タミヤセメント、ハセガワポリッシングクロス、耐水ペーパー320番、1000番、2000番、筆極細、中平筆、大平筆


スポンサードリンク









このページは、かきかけのものです。

スポンサードリンク




↑↑↑このページの一番上へ↑↑↑


スポンサードリンク



ガンプラ120%! HOME