gunpla120

HGUCプラモデル ドラッツェに関心のある方は
こちらのガンプラも見ています
HGUC1/144 Rx-78-2ガンダムFG 1/144シャア専用ザク
ガンプラ(ガンダム プラモデル)製作の行程・手順を徹底的に細かく掲載しています

見たいガンプラ検索

ガンプラ製作徹底解説 HGUC 1/144 ドラッツェ(MS-21C) の作り方

機動戦士ガンダム 0083にて登場した、デラーズ・フリートのモビルスーツ、MS-21C 「ドラッツェ」(DRA-C)HGUC 1/144プラモデルの作り方を掲載します。

0083登場時のドラッツェの色は青色ですが、今回はガンダムUCエピソード3に登場していた、紫色のドラッツェを作ります。
とはいえ全体的なフォルムは全く変更せず、袖付き装備として胸等に装飾を付け足す予定です。


スポンサードリンク

HGUCドラッツェの製作
■ドラッツェの解説
OVA機動戦士ガンダム0083に登場の、ジオン残党軍デラーズ・フリートのモビルスーツ。ザクIIF型のパーツとガトル戦闘機のパーツを流用して生産されたといわれている。絶対的パーツ数が他のMSと比較して少ないのでメンテナンス性は高い。反面火力は控えめでシャアの反乱以降のネオジオン残党軍においては哨戒・偵察が行動目的だった
DATA
型式番号  MS-21C
所属    デラーズ・フリート/アクシズ(ネオ・ジオン)/袖付き
建造    デラーズ・フリート
生産形態  量産機
頭頂高   29.8m
本体重量  23.9t
全備重量  49.0t
出力    569kw
推力    117,500kg
センサー
有効半径  10,900m
     18,800m(「袖付き」仕様、システム起動時)
装甲材質  超硬スチール合金
武装
3連40mmバルカン砲、 ガトリング・ガン(「袖付き」仕様)、ビームサーベル、 シールド
搭乗者
ジオン公国軍(デラーズ・フリート)一般兵、 ネオ・ジオン一般兵



HGUC 1/144プラモデル MS-06 ザクII量産型

HGUCドラッツェの製作

脚がない分、パーツ数も少なめのドラッツェ。
袖付きVer.にするにあたって、他のネオジオンMSから、袖付きの象徴のような装飾パーツを流用してこようと思います。

流用パーツはバンダイの部品単品販売を使い入手します。


塗装色について

塗装する色は、HGUC ローゼン・ズールに使ったあまりの、薄い紫色と濃い紫をそのまま基本カラーとして流用しました。
ただし、濃い紫はローゼン・ズール製作時に色合いがやや不満でしたので、青を加えて色調整しています。



この「HGUC 1/144スケール プラモデル ドラッツェ 作り方ページは、なるべく取扱説明書の順に
解説してありますが、効率化とかを考えて順序を変えてあるときもあります。

また、ガンプラの作り方は10人いれば10通りあるように、
この作り方がすべてではありません。

人によっては、この解説の中にも飛ばしていい項目もあれば、
足らない項目もあるはずです。

すべてを鵜呑みにせず、自分に合ったガンプラづくりを目指してください。



関連作品

HGUC クシャトリヤ [NZ-666]

HGUC シナンジュ



スポンサードリンク


HGUC ドラッツェ 製作開始

パーツ一覧
HGUCドラツツェ ユニコーン
Aパーツ。胴体など。

HGUCドラツツェ ユニコーン
B1パーツ。
HGUCドラツツェ ユニコーン
B2パーツ。
HGUCドラツツェ ユニコーン
パーツC。スタンド。それとスタンド用ネジ。
HGUCドラツツェ ユニコーン
パーツD。2枚。
HGUCドラツツェ ユニコーン
ポリキャップ、ビームサーベル、色シールとマーキングシール。
PHASE 1 胴体の組み立て


これから組み立て開始です。

しばらくおまちください。





    (C)SOTSU/SUNRISE/BANDAI 
(C)2004〜 ガンプラ120%! all right reserved.