gunpla120


ガンプラ(ガンダム プラモデル)製作の行程・手順を徹底的に細かく掲載しています




ガンプラ製作徹底解説 HG 1/144 ガンダム Gセルフ の作り方


ユニコーンガンダム2号機、バンシィ の NTD発動形態、デストロイモード。
HG 1/144プラモデルの作り方を細かく掲載致します。


HGUC は、変形モデルではなく、ユニコーンモードとデストロイモードの2種が発売されているのは、1号機のRX-0ユニコーンと同じ。
ここで掲載するのは、変身後の「デストロイモード」。




スポンサードリンク

ガンダムUC HGUC バンシイ・デストロイ プラモデル
■UCガンダム2号機 バンシィ

◆DATA
型式番号 RX-0
全高   21.7m(NT-D発動形態)
重量   46.7t
出力   3480kw
推力   142600kg
センサー有効半径   23500m

武装   60ミリバルカン砲×2
     ビーム・サーベル×4
     アームド・アーマーBS×1
     アームド・アーマーVN×1

搭乗者
マリーダ・クルス(プルトゥエルブ)、リディ・マーセナス



(これはノルン)

HG 1/144 バンシイ・デストロイモード


一番最初に発売されたバンシィ・デストロイモードです。ノルンでもバンデシネでもありません。



塗装について


ボディは無塗装、つや消しクリアーのみ筆塗りしています。
サイコフレームのスミ入れにはエナメルカラーのクリアーオレンジを使用しました。


HGUC バンシィ デストロイモード,プラモデル



なお、質感を出すために全体につや消しクリアーの筆塗りだけはしています。

それと、カメラ=目 だけは塗りました。




使用したもの


ニッパー、耐水ペーパー320番、600番、1000番、2000番、スーパーポリッシングクロス (TT23)

つまようじ等先端のとがったもの(小さなシール貼付け用)、

コピック0.02ペン グレー (スミ入れ用)



■関連ページ




この「HG 1/144バンシィ・デストロイ」作り方ページは、なるべく取扱説明書の順に
解説しますが、効率化とかを考えて順序を変えてあるときもあります。

また、ガンプラの作り方は10人いれば10通りあるように、
この作り方がすべてではありません。

人によっては、この解説の中にも飛ばしていい項目もあれば、
足らない項目もあるはずです。

すべてを鵜呑みにせず、自分に合ったガンプラづくりを目指してください。



1/144HG バンシィ・デストロイ 製作開始

スマホでご覧の方、右側にも解説があります。
パーツ一覧
HGUC バンシィ デストロイモード,プラモデル
・・・パーツ一覧です。
撮影し忘れてますがシールもあります。
HGUC バンシィ デストロイモード,プラモデル
Aパーツ

HGUC バンシィ デストロイモード,プラモデル
Bパーツ
HGUC バンシィ デストロイモード,プラモデル
Cパーツ

HGUC バンシィ デストロイモード,プラモデル
Dパーツ
HGUC バンシィ デストロイモード,プラモデル
Eパーツ

HGUC バンシィ デストロイモード,プラモデル
Fパーツ
HGUC バンシィ デストロイモード,プラモデル
Gパーツ
HGUC バンシィ デストロイモード,プラモデル
ポリキャップと、シール
胴体・上半身部
HGUC バンシィ デストロイモード,プラモデル
胴体・胸部パーツにて。
バリとはお珍しい。昔はよくみかけたものですが。
HGUC バンシィ デストロイモード,プラモデル

HGUC バンシィ デストロイモード,プラモデル

両サイドへサイコフレームパーツを差し込みます。
サイコフレームへはスミ入れを施してあります。説明書通り、ミゾにクリアオレンジの流し込み。エナメルカラーを使っています。

基本的に無塗装でいくので、胸部もパーツ色のままです。塗装の場合は「ブラック40%+ブルーグレー30%+ブル−20%+パープル10%」と説明書にあります。
HGUC バンシィ デストロイモード,プラモデル
裏面から、首パーツをさしこみます。首パーツも無塗装のままです。
HGUC バンシィ デストロイモード,プラモデル
腹部、下半身パーツと接合させるポリキャップをはめこみます。
デストロイモードのポリキャップはゴールドです。
HGUC バンシィ デストロイモード,プラモデル

HGUC バンシィ デストロイモード,プラモデル

両腕をつなぐ肩パーツユニット。ポリキャップを1こ差し込みその上からプレート状の肩パーツを差し込みます。
HGUC バンシィ デストロイモード,プラモデル

HGUC バンシィ デストロイモード,プラモデル
綿棒は毛がほつれてシールにくっつくのであまりおすすめではないかもしれません。トレーシングペーパーが一番いいかな

HGUC バンシィ デストロイモード,プラモデル

NT-D発動でせり上がる肩のサイコフレーム。
先端部は胴体色と同じなので、塗装するか、付属のシールを貼付けます。

今回は塗装の準備をしていないのでシールを貼りました。

シールはツヤがあり浮いた状態になりやすいので上からつや消しクリアーを塗ってます。小さいのでなくしそうになります。
HGUC バンシィ デストロイモード,プラモデル
さっきの肩プレートの上に差し込みます。
HGUC バンシィ デストロイモード,プラモデル
反対側も。


それを、胴体へ接合。
HGUC バンシィ デストロイモード,プラモデル
正面からみるとこんな感じ。サイコフレーム含め各部位のスミ入れは、組み立ての前でないとやりにくくなる箇所が多いです。
HGUC バンシィ デストロイモード,プラモデル

HGUC バンシィ デストロイモード,プラモデル

胴体両サイドへ装甲板を貼付けます。
HGUC バンシィ デストロイモード,プラモデル
裏面を貼り合わせます。
HGUC バンシィ デストロイモード,プラモデル
えりパーツを上から差し込みます。
差し込みの前にスミ入れはしております。
HGUC バンシィ デストロイモード,プラモデル
胸部の蝶番パーツも差し込みます。
HGUC バンシィ デストロイモード,プラモデル
HGUC バンシィ デストロイモード,プラモデル

HGUC バンシィ デストロイモード,プラモデル

背中のバックパックを仕上げます。

クリアーパーツを挟んで、バックパックパーツをあわせます。
HGUC バンシィ デストロイモード,プラモデル
クリアーパーツの先端の突起4箇所、
ここはバーニアの奥にあたるので、クリアオレンジのままというのもおかしいかなと思い黒く塗りました。
HGUC バンシィ デストロイモード,プラモデル

HGUC バンシィ デストロイモード,プラモデル

バーニアを差し込みます。
4箇所あります。



実はあとで外側の2ヶ所を忘れていたのに気づきました。
HGUC バンシィ デストロイモード,プラモデル
一番上、ここに本体色のパーツ差し込み、
これ忘れやすいです。
HGUC バンシィ デストロイモード,プラモデル

HGUC バンシィ デストロイモード,プラモデル

ビームサーベルの差し込みです。
HGUC バンシィ デストロイモード,プラモデル

HGUC バンシィ デストロイモード,プラモデル

サーベルにはパーティングラインがあるのでペーパーがけで消します。
HGUC バンシィ デストロイモード,プラモデル

HGUC バンシィ デストロイモード,プラモデル

両端のパーツも取り付けます。
HGUC バンシィ デストロイモード,プラモデル
胴体・背中へ。

HGUC バンシィ デストロイモード,プラモデル

胴体・上半身の完成です。


次、頭部の組み立て》


   ↑↑↑このページの一番上へ↑↑↑

全ページ一覧


    (C)SOTSU/SUNRISE/BANDAI 
(C)2004〜 ガンプラ120%! all right reserved.